言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



サッカーW杯、日本決勝T進出・・西野監督の他力本願戦術は博打でありがらも合理的・・同点を狙う攻撃的な戦術もさらなる失点リスクを抱えた博打であった・・・イギリスBBCの批判報道なんて馬耳東風でいい

今日は、平成30年(2018年)6月29日 金曜日


ワールドカップサッカーで、
日本がポーランドに1点リードされながらも
自陣でボール回しを始めた
コロンビアがセネガルに勝利することに頼った
他力本願な西野監督の采配に
大博打だという批判があったりした。

私は、他力本願の戦術は博打でありながらも
合理性があった。
1点リードされているなか
同点狙いの戦術は必ずしも同点にできるわけでなく
カウンターによるさらなる失点によるリーグ敗退の
リスクがあり、同点狙いの戦術も博打であった。

コロンビア対セネガルで、
コロンビアがセネガルをリードした。


後半の残り時間が少ない中で
得点をすることがあるが、
どのようなチームも
得点できない場合の可能性の方が
高いように思える。

また、日本のコーチ陣などが
コロンビア対セネガルの試合をテレビで
見ていたりして、セネガルが得点する可能性が
低いと思ってたかもしれない。

そうなると、
1点差でポーランドに負けても
同点になったとしても2位通過は変わらない。

そうなれば、カウンターによる失点リスクや
そのカウンターを押さえるために警告などを受けて
セネガルに対するアドバンテージを失い1次リーグ敗退の
リスクを抱える同点を狙って攻める戦術より
自陣でボールをくるくるまわして、
失点も警告も受けない戦術を取った方が
1次リーグ突破の確率が高くなる。

これは合理的である。

1点差でリードされながらも
日本の自陣でボールをくるくるまわして
決勝トーナメントを進出を決める戦術に
イギリスのBBCで批判報道があるようだが、
そんなの好きに言わしておけ
馬耳東風で良い。

海外のチームも似たようなことはしている
2002年のワールドカップで1次リーグの最終戦であった
イタリア対メキシコもそうだ。

イタリアが後半40分に追いつき同点となり、その時点で
イタリアもメキシコも決勝トーナメント進出となったので、
両チームともにただボール回しを始めて、
どちらも攻めようともせず、試合終了時間まで
時間つぶしをしていたっことがあった。



テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ


子どもは時代の変化に敏感だな! 車の運転ごっこをする幼い姉妹・・・運転役は何と言ったか? これからの自動車の技術革新を先読み


今日は、平成30年(2018年)6月26日 火曜日

先週の土曜日、
ポケットラジオでNHKのマイあさラジオで
リスナーからの投稿で、
幼い姉妹の親御さんからのものがあり、

その幼い姉妹が

運転ごっこをしようと

姉妹で車の運転の真似事をすることと
なっていが、

運転役をしていた方が

「ああ~、ぼーとしちゃった」

と、車が自動運転で進むので

ぼーとしていたと言ったことに

いやあ、時代を先取りしたごっこ遊びで
子どもは世の変化に敏感に感じ取るのだなと思った。

テーマ:発想法・編集法 - ジャンル:学問・文化・芸術


カンナ、その花言葉は「情熱」「快活」「熱い思い」「妄想」・・・真夏の炎天下に強く華やかに咲き誇る姿は幻想的である

今日は、平成30年(2018年)6月22日 金曜日

梅雨の合間の晴天の日に
西宮市の自宅近くの今津西線の歩道に
咲き誇る黄色い花を見かけた。

カンナ Canna

その花の名は「カンナ」である。

カンナは、もともと熱帯アメリカが原産地で、
コロンブスの新大陸発見後
ヒマワリなどとともに最初に欧州にもたらされた植物のようである。


日本には江戸時代前期に
カンナ・インディカという品種がもたらされたそうである。
檀特(だんどく)という和名がある。

カンナの名の由来は諸説あり
ギリシャ語の「Kanna(葉)」という説もあれば、
古代ケルト語の「Cana(つえ)」や「Can (芦(あし)または脚)」と
され、その草姿がアシに似ていることに由来するという説がある。

そのカンナの花言葉には
「情熱」「快活」「熱い思い」「妄想」などがあり、

「情熱」「快活」「熱い思い」は
真夏の炎天下でも負けずに
強く鮮やか、華やかに花を咲かせる姿から

「妄想」は常夏に鮮やかに咲かせる姿が
幻想的であることに由来しているという。


テーマ:花ことば  - ジャンル:学問・文化・芸術


JR京橋駅のスタバで大阪府北部地震に遭遇、地震があった1日を振り返り・・・早朝出勤のおかげで電車内で取り残されずに済んだ

今日は、平成30年(2018年)6月18日 月曜日

今朝、W杯サッカー、ブラジル対スイスを見終えた後、
今朝もいつものように、出勤のため
兵庫県西宮市の今津駅近くの自宅を午前5時前に早く出た。
現在の職場の最寄り駅のJR京橋駅(大阪市都島区)の
改札口を出たところのすぐにある
スターバックスに、開店の7時と同時に入店して、
店員さんに「いつもの」と頼んで、
いつも座る場所に座り、お茶をしながら
耳にはポケットラジオのNHK第一放送を耳にしつつ
読書をしていた。

このNHKの放送は午前7時40分から
近畿地方の番組となり、
JR京橋駅にやや近いところにある
NHK大阪放送局のスタジオからの番組となる。

それが、いつも午前7時57分ごろには
交通情報を伝え始める。
それが終わり、8時になると店を出て、
職場に向うのが慣わしである。

そう、今日もいつも通り
午前7時57分ごろにラジオから
交通情報が始まり、もうそろそろ出る
準備でもしようかなと思い始めると、
何か揺れ出した。

そして、揺れが強くなり、食器などの
陶器が当たる音がし出した。

このような揺れは、私が23年前に
西宮市で体験した阪神大震災以来だった。

揺れだしてからNHKラジオの緊急地震速報が
聞こえ出してきた。

スターバックスの前の屋内通路では
慌てて走り出す人がみかける。

ただ、私はビル内の方が安全であり、
慌てて逃げることもないとその場にいた。

NHKラジオからは
震度6以上の時に流れるチャイムが聞こえた。
「大阪府北部で震度6弱」。
(当時、私がいた大阪市都島区は震度5強)

大阪地震0 震度図 20180617230735395-18075838

震度図 気象庁より
(震源は茨木市から寝屋川市、枚方市付近かな)

店内のお客さんに声をかける
顔なじみの店員さんの女性に私は
「震度6弱」と伝えて、店を出た。

震度6にもなれば、電車は止まる
そう考えたら、歩いて10分たらずの
職場に行くしかない。

職場に向う途中の寝屋川にかかる
ペデストリアンデッキから見える
近くのホテル前で、人が出て集まっているのが
見えた。

大阪地震1 ホテル前 

そして、ポケットラジオの
NHKラジオを聴きながら歩いていると
大阪城の近くにある
NHK大阪放送局の高層ビルが見えた。

そして、職場のオフィスビルにつき
10階フロアへいつも通り
エレベーターに乗ろうと思ったら
警備員の男性に

「エレベーターは止まっています。
階段から・・・・」


おおお~!!!と思いつつ

10階まで階段で上がる。
足が疲れて、汗たらたら、
苦行だった。

電車が止まったので、
始業時刻の9時になっても
3割ぐらいしかきていなかった。

午後3時を過ぎて
職場にやってきた同僚の女性が
地震発生時、バイクに乗っていて、
地震だと気づかず、

「パンクでもしたのか?」

と思って、タイヤを見ていたら、
近くにいたおっちゃんに

「パンクと違う!地震や!地震や!」

と言われ、電線が揺れていて、地震だと理解したそうだ。

午後6時を過ぎて、職場から帰路に向う。

いつもはJR環状線を使うが、
JRは止まっているので、地下鉄で梅田に向う。

梅田から西宮の今津には
阪急電車で帰るが、
阪急電車は神戸線は再開したが、
西宮北口から今津は止まっているという情報があり、
地下鉄の東梅田からは阪神梅田が近いので
阪神電車で帰ることにして、
阪神梅田駅に向うと
ホワイティの店が全部シャッターが閉まっていた。

そして、阪神百貨店も臨時休業していた。

大阪地震2 阪神百貨店 

電車が止まったら、従業員も出勤できないし、
お客さんもこない。休業するしかないだろう。

やがて、阪神電鉄の今津駅に着き、
そして、阪急今津駅ビル1階の
ドラッグストアで、買い物をしようとしたら

え!!!

大阪地震3 今津駅  

「地震のため16時で閉店」

と、高速道路が止まったりして、
モノが届かないことが影響したのかな?

さて、西宮市では震度5弱だったということで
自宅の部屋が気になっていた。
本棚が倒れたりして、部屋が大変なことに
なっていないだろうかと。

自宅の扉を開けて

あ!!散らかっている!!

やはり、地震で散らかったのかとふと
思ったが、そうではないことは
日ごろの自分の振る舞いからわかることであった。

それは、単純にずぼらで
部屋を片付けず、モノが散乱している
自宅を出る時と同じ光景であった。

まあ、朝、早く5時前に自宅を出るという習慣のおかげで
タイミング的に、止まった電車の中で残されることもなく、
仕事が終わるまでに、電車が動き
帰宅難民にならずに済んだ。



このブログ内の関連記事

2010年1月17日の記事 私の阪神淡路大震災体験談
阪神淡路大震災から15年・・・・被災地の真っただ中にいた私の地震直後の経過と私が見れなかった発生直後の地震報道の経過を振り返る

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース


3時に早起きして見てよかったよ!! W杯サッカー スペイン対ポルトガルが3対3のドロー、C・ドナウドがハットトリック



今日は、平成30年(2018年)6月16日 土曜日

午前3時前に起床して
見て良かったよ~~~!

W杯サッカー スペイン対ポルトガル

いやあ、すごい試合だった。

開始早々、ポルトガルが攻勢をしかけ
前半3分にPKを得て、C・ロナウドが決めた。

やがてスペインが反撃をして、
D・コスタが前半24分に決める。

このまま1対1のまま前半が終わるかなと思った
前半44分、C・ロナウドがこの試合2点目を決める。

後半10分、セットプレーから
スペインのD・コスタがこの試合2点目を決める。


それから3分後の後半13分
スペインのナチョ・フェルナンデスがダイレクトボレーを
決めて、スペインが3対2と初めてリードする。

後半も40分も過ぎ、スペインが逃げ切るのかなと
思ったら、スペイン側のペナルティエリアの前で
ポルトガルがFKを得る。

もう、誰が蹴るか決まっていた
C・ロナウドである。

蹴る準備をしていたC・ロナウドが
彼の前にいた審判に

ちょっとどけて

という仕草をしていた。

そして、後半43分、期待通りにC・ロナウドが
ゴール右隅に決めて、ハットトリック達成!!!

私は、テレビの前で、スペインが逃げ切りそうな時に
ポルトガルのC・ロナウドがFKを決めたときに、
彼のすごさに

ははははは~(笑)

と、笑うしかなかった。

結局、スペインとポルトガルは3対3の引き分けだったが、
3時に早起きして、いい試合を見させてもらったよ。

この試合は次の動画でダイジェストで見れます

【2分でわかるロシアW杯】怪物C.ロナウド、ハットトリック! ポルトガル3-3スペイン(グループB)
https://www.youtube.com/watch?v=ZFCXsc86NlI







テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ