fc2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを
随時更新中です。

https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



日本標準時子午線の真上に建つ明石市立天文科学館から見える夕焼けパンダ・・・東経135度の日本標準時子午線、世界の時刻の基準の英国グリニッジ天文台・・・一つの現象や事象や過去からの積み重ねによって生じる

今日は、令和6年(2024年)3月3日 日曜日

一昨日の3月1日、年に2回の機会がある
兵庫県明石市の夕焼けパンダに関する
ニュースを見た。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夕日と鉄塔がつくりだす「夕焼けパンダ」7年ぶりに 明石
NHK兵庫 NEWS WEB 03月01日 18時29分


夕焼けパンダ 完全 Screenshot_2024-03-02-06-59-10-84


夕日が鉄塔のアンテナと重なってパンダの顔のように見える「夕焼けパンダ」と
呼ばれる現象を観察する催しが明石市で行われ、7年ぶりに完全な形の
「夕焼けパンダ」が姿を現しました。

明石市立天文科学館の展望台では、毎年、3月と10月に、日の入り間近の夕日が
鉄塔と重なり、丸いアンテナの部分がパンダの目や耳に、また、
太陽が顔の輪郭のように見える現象を「夕焼けパンダ」と呼んで
観察会を開いています。

(中略)

明石市立天文科学館の中島正登主任は、
「感動しました。これだけちゃんと見ることができたのは7年ぶりで、
感慨深いです。感動は格別なので、今後も催しを続けていきたい」と
話していました。
夕焼けパンダ 7年ぶり Screenshot_2024-03-01-20-56-28-63

画像は、NHKより
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この夕焼けパンダと称される事象の発見の
きっかけは、平成25年(2013年)10月12日に
遡る。

日本標準時子午線の真上に建つ
明石市立天文科学館が、
太陽の沈む位置を記録するため、連日撮影したのだが
平成25年(2013年)10月12日、

天文科学館から見える夕日が
明石市立天文科学館から西南西方向に約1.4km離れた
明石市樽屋町にあるNTTドコモのアンテナに重なった瞬間、
直径約4メートルの二つのアンテナがパンダのに目元に、
小さなアンテナ群がパンダの耳や鼻に見立てて
パンダの顔のように見えることを偶然発見したのであった。

明石市 夕焼けパンダ 位置 矢印

明石市立天文科学館からの伸びる赤線の矢印の先の赤丸
NTTドコモのアンテナがある

位置図はGooglEarth より

この夕焼けパンダに見ることが可能な日は
1年のうち2回の3月1日ごろと10月12日頃である。

そして、また、この1年2度の日の気象状況によって
完全な夕焼けパンダを見ることができるかどうか左右される。

令和6年(2024年)3月1日の夕焼けパンダは
平成29年(2017年)3月1日以来7年ぶりかつ、
また、完全な夕焼けパンダは
その2回と夕焼けパンダを偶然発見した
平成25年(2013年)10月12日の3回だけである。

ところで、明石市立天文科学館は
日本の標準時(中央標準時)の基準となる子午線である
東経135度の経線の真上に建てられている。

なぜ、明石市に日本標準時子午線となる
東経135度が通っているのかというと、
1884年(明治17年)米国ワシントンで開催された
国際子午線会議にて、世界の時刻の基準となる子午線を
イギリスのグリニッジ天文台を通る子午線(経度0度)に決定。

グリニッジ天文台を通る子午線(経度0度)から東経135度が
明石市を通ることとなったのだ。

そして、地球1周は360度、1日24時間で、
360÷24=15 15度で1時間の時差が生じることとなるが、
135は15の整数倍で、グリニッジ天文台を通る子午線からの
時差がちょうど9時間となるので、
日本政府は明治19年(1886年)明石市を通る東経135度を
日本の標準時子午線に決定
明治21年(1888年)1月1日より適用された。

そのような日本標準時子午線である東経135度の真上に
昭和35年(1960年)の時の記念日の6月10日に
開館する明石市立天文科学館が建てられたのである。

その位置が日本標準時子午線である東経135度に
なるには、イギリスのグリニッジ天文台を通る子午線が
世界の時刻の基準となる子午線(経度0度)であることが
関わってくる。
明石市立天文科学館から見える夕焼けパンダが見える要因として
イギリスのグリニッジ天文台を通る子午線が(経度0度)の
世界の時刻の基準となり、それを基準として
日本の標準時子午線となる東経135度が明石市を通り、
その真上に明石市立天文科学館が建てられたことにある。

夕焼けパンダという面白き事象が見られる条件が
過去からの積み重ねの要因があることをふと思うであった。
つまり、一つの現象や事象や過去からの積み重ねによって生じる
と思うのであった。


このブログ内の関連記事

7月13日は日本標準時刻記念日・・・・かつて、日本に時差があった!!それもとある1つの県内に時差があった!!!

京都府木津川市にある浄瑠璃時
彼岸の中日にあたる春分の日・秋分の日になると
太陽の動きによりある演出がなされるような作りになっている
それについて書いた記事

彼岸の中日の浄瑠璃時


夕焼けにちなみ
夕陽に別れを告げて ~ 私のサザンNO.2ソング

言霊・楽習社(がくしゅうしゃ)ブログの目次ページ
https://kuwatea.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
語源や雑学などカテゴリーごとに分類して、当ブログの過去の各記事へのリンクページに誘っています。
スポンサーサイト




テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/4597-afb5aed8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)