FC2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを
随時更新中です。

http://kuwadong.livedoor.blog/
archives/6130733.html



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



芸人・渡部建氏の不倫報道について、不倫の問題は当事者間の問題であり世間一般に謝罪する必要がなく、芸人に一般常識を求めるのは野暮である、清濁併せ呑む度量が日本の社会からなくなりつつあるのか・・・ちなみに愛人報道されたフランスの元大統領のお話も紹介します

今日は、令和2年(2020年)6月14日  日曜日

芸人の渡部建氏の不倫のことでいろいろ報道されているが、
このような報道があるたびに常々思うことだが、
不倫の問題は当事者間の問題であり、謝罪する相手は当事者間で
するだけでよく、世間一般に謝罪する必要がなく、
当事者でない無関係な世間がとやかく言うのはおかしいのである。

また、芸人は一般常識からずれたいかがわしさがあるから
面白みがあるのであり、芸人に清廉潔白な一般常識を求めて
どないすんねんと思う。

お笑いの大物芸人なんて浮気のオンパレードだ。

島田紳助氏が奥さんから浮気疑惑を追及されるネタは面白かった。

どの番組かははっきり覚えていないが、
行列のできる法律相談所だったような曖昧な記憶があるが、
その番組のなかで、島田紳助氏が奥様からの浮気追及ネタを
語り始め、

島田紳助氏が就寝中に、奥様が紳助氏の目の上から
懐中電灯をパカパカさせて、紳助氏が目を覚まさせると間髪いれずに
眠気ナマコの紳助氏に奥様が

「これ!何!」と

紳助氏の衣服のポケットから奥様が
あやしいどこかのカギ(おそらく不倫相手宅のカギ)を見つけて、
紳助氏に詰問したのだ。

紳助氏は、眠っている時に、急に懐中電灯でパカパカされたら

「目(め)え、泳ぐで~!」と言って、テレビのスタジオ内に笑いをさそっていた。

すると、紳助氏は、そうなると咄嗟に突拍子のないことを
思いつき、奥さんからのカギについて追及を受け、

「ひろた!」と言った。

それにスタジオ内も爆笑で、私もそれを見て笑った。

芸人の浮気はこのような笑いのネタになり、
芸人は一般常識からずれたいかがわしさがあるから
面白みがあるのだ。


島田紳助氏が今年の2月に
misonoさんのYouTubeチャンネルに出演した時に

「芸能人が浮気をしたらアカンとか、不倫をしたらアカンとか、
女いったらアカンって、芸能人のなり手なくなる」

と言っていたようだが、
私はその島田紳助氏の意見に強く共感する。

芸人に一般常識を求めてはつまらない。
芸人に清廉潔白を求めることは野暮である。

渡部建氏が芸能活動自粛をするというが
私はそれには違和感がある。

渡部建・佐々木希夫妻が、今後も、婚姻関係を続けようが続けまいが
それは当事者が判断することになるが、
お子様の養育費があり、渡部建氏にはどんどん稼いでもらった方が良く、
また、億単位の収入を得ることで多額の納税がなされ、それは社会に還元される。

渡部建氏の不倫はあくまで当事者間の民事的な問題にすぎず
現在も活躍しているある大物芸人がやらかしたことにくらべたら
かわいいもんだ。

その大物芸人の方は、
愛人さんに対する取材行為に問題があると激怒して、
弟子を率いて、
その取材をした出版社に殴り込みをかけて、暴力事件を起こして
有罪判決を受けて、判決後(事件発生から約半年)に芸能活動を再開した。

その後、その大物芸人の方は、お笑いビッグ3の一角を占め、映画監督としても
世界三大映画祭のひとつであるヴェネチア映画祭でグランプリを獲得して
世界的な映画監督となった。

そう思うと、当事者間の民事的な問題に過ぎないことで自粛をしてしまった
渡部建氏が早期に芸能活動を復帰してもらいたいと思う。

ところで、昨日のTBSの「新・情報7daysニュースキャスター」に出演していた
ビートたけし氏が、渡部建氏の不倫についてコメントを求められて

「私に聞くんじゃない!」と言い、
ビートたけし氏が映ると
「私を抜くんじゃない!」「オレを画面から消せ!」と
言っていて、笑ってしまった。

芸人にまで清廉潔白の常識を求め
善でも悪でも分け隔てなく受け入れる清濁併せ呑む度量が
日本の社会からなくなりつつあるのかと思う。
そんな社会はよりつまらない面白みのない社会になると思う。

不倫問題で思い出すのは、芸能人ではなくある元政治家の夫妻である。
それは、宮崎謙介氏&金子恵美氏夫妻である。
ご夫妻ともに衆議院議員の時、妻の金子恵美氏が
出産入院中の時に、夫の宮崎謙介氏の不倫行為が発覚した。

離婚をしてもおかしくないような状況だが、離婚をせず
現在では、ご夫婦ご一緒にテレビ出演することもある。

妻の金子恵美氏は

「夫の人格が否定されるのが嫌であり、また、離婚を押し付けられるのは嫌だった」と語っている。
また、生まれたばかりの子供に父親は必要であると思っていたという。

また、本気でない男性の浮気は、男の甲斐性のうちのひとつで、「ほかの女性からも魅力を感じてもらえないような男と結婚した覚えはない」と思ったのという。

そして、また、妻の金子恵美氏は

人は誰でも間違いを犯すもので、真摯に言い訳せず変わろうとするのであれば、手を差し伸ばす。ひとつの失敗ですべてを失う息苦しい社会であって欲しくない。

以上なようなことを思い宮崎謙介氏&金子恵美氏夫妻は、夫の宮崎謙介氏が妻が出産入院中の時に不倫が発覚しても婚姻関係を継続したのである。

また、金子恵美氏は夫に対して、「世界中が敵に回っても、私は味方だよ」と言っていたという。

まさに、不倫の問題は当事者間の夫婦やその関係者の問題であり、第三者や世間がとやかく言うのはおかしいのである。
出産入院中に不倫をされた妻の金子恵美氏が
「夫の人格が否定されるのが嫌、離婚を押し付けられるのは嫌だった」ということを
不倫報道で当事者ないのにバッシングする方々はよく深く認識して欲しいと思う。

政治家の不倫について、フランスのミッテラン元大統領のことについて私のブログ記事で書いたが
平成18年(2006年)10月25日にアップした
政治家の不倫について ~ 日本とフランス ~政治家の評価の基準は?から、

一部を再掲載する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フランスのミッテラン大統領には
愛人との間に娘がいた。
そのことは、関係者の間では公然の秘密であり、
ミッテラン大統領自身も1984年の段階で記者たちに認めていた
(「ええ、娘がいますよ。それで?」とミッテランは言ったという)。
また、ミッテラン大統領は愛人と娘をエリゼ宮マスコミはそれを報じることはなかった。

「パリ・マッチ」というゴシップ誌が1994年、婚外子の存在について報じた。
ただしそれは、批判的なものではなく、婚姻外の大学生になった娘を連れて堂々と
外食をする「大統領の勇気」を称える内容だった。
国民の間でも知られることになったが、

スキャンダルとしては受け取られなかった。
フランスでは男女の問題はあくまで私生活であり、公的な世界とは無関係と
みなしているからである。
その婚姻外の大学生になった娘を連れて堂々と外食をする「大統領の勇気」に対して、
国民からはむしろ好意を持って受け止められた。

彼が亡くなった時、彼の葬儀において、
ミッテラン氏の夫人と子どもたちとの横に、
愛人親子が座り悲嘆にくれていた。

その愛人席は1人だけではなかった。
なんと、ミッテラン氏には50人の愛人がいたというのだ。
彼が亡くなった後、
彼が葬儀における愛人たちの席順を決めていたことが報じられた。
「さすがミッテラン、人を幸せにする力のある男だ」と、
人気が急上昇したという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フランス国民のこの反応にあっぱれ!と思うし、
このような社会の方が、私からすれば、健全だと思う。

スポンサーサイト




テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/4075-ff5b9fc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)