FC2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを
随時更新中です。

http://kuwadong.livedoor.blog/
archives/6130733.html



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



令和元年・台風19号から変わった温帯低気圧、低気圧の墓場たるベーリング海で消える・・・ちなみに、台風19号で神戸市で死者が発生していた

今日は、令和元年(2019年)10月28日 月曜日

10月12日に、伊豆半島に上陸して、
東日本の広域に大きな被害をもたらした台風19号が
10月13日12時に温帯低気圧になった後
どうなったか天気図で追跡した。

10月13日9時
台風19号は三陸沖を中心気圧975hPaで進み
天気図 19101309


10月13日12時
北緯41度、東経147度で
980hPaで温帯低気圧に変わり、時速65kmで
北東方向に進む
天気図 19101312


さらに24時間後
10月14日12時
時速75kmで、北緯50度を超え、東経170度より東に進み
米露の間のベーリング海付近に到達、
中心気圧976hPaと温帯低気圧に変わった時よりも
気圧が下がりやや発達を始めていた。
天気図 19101412


さらに3時間後の
10月14日15時には、中心気圧970hPaに下がり
温帯低気圧として再発達を始めた。
赤〇で囲んだ赤いの文字の低気圧)
天気図 19101415


そして、その18時間後の
天気図 19101509 952
10月15日 9時には
中心気圧が952hPaに急激に発達、
台風19号として、10月12日に伊豆半島に上陸した時の
955hPaより低い気圧まで下がった。

ベーリング海付近での最発達はこの時点であったが、
さらに東進して、アラスカなどの北米大陸に
進むのかと思ったら、このベーリング海付近で
くるくる回り始めた。


10月16時21時には、西に進みロシア大陸の海岸付近で
972hPa
(天気図の左側の低気圧)
天気図 19101621 972


10月17日21時には、ゆっくりながもやや東に進み
ベーリング海の中ほどに進み988hPa
(天気図の左側の低気圧)
天気図 19101921 988


それから48時間後の
10月19日21時も、ほとんど停滞したままで
中心気圧は変わらず988hPa
(天気図の左側の低気圧)
天気図 19101921 988


その24時間後の
10月20日21時、ほとんど停滞したままで、
ベーリング海の真ん中付近でポツンとひとつの低気圧として
居座り中心気圧は994hPaとさらに弱まる。
天気図 19102021 994


その24時間後の
10月21日21時でもほとんど停滞したままだが
さらに弱まる中心気圧は998hPa
天気図 19102121 998


その後も低気圧は衰えながらもベーリング海の真ん中付近で
居座っていたが、
10月23日9時には、さらに弱まり中心気圧は1002hPaで
当該低気圧より後から東進してきて、さらにアラスカよりに
東進している勢いのある低気圧に飲み込まれる寸前になり、
天気図 19102309 1002


そして、10月23日15時には、その後から東進してきた
勢いのある低気圧に完全に飲み込まれ
台風19号から変わった低気圧は
低気圧の墓場と言われるベーリング海で消滅した。
天気図 19102315 消滅


10月5日に、熱帯の北緯15度付近のマーシャル諸島で
熱帯低気圧となり、その翌日に台風19号となり、
一時は猛烈な勢力にまで発達して、やがて東日本に
強い台風として上陸し、甚大な被害をもたらし、
その後、10月13日は温帯低気圧にかわった
この低気圧は、10月23日にアラスカ近くの冷寒帯の
低気圧の墓場と言われるベーリング海で
生涯を閉じた。

台風19号関連で、当ブログで、今月
東日本に甚大な被害をもたらした台風19号、西日本ではどうだった・・・大型の強力台風の影響範囲の広範性

という記事をアップして、私の住む兵庫県でも
暴風による転倒で用水路に流され救助されたが
低体温症になったという被害を紹介したが、

なんと実際には、兵庫県神戸市でこの台風19号による
死者が発生していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
台風19号 神戸市でも1人死亡
(NHKニュース 2019年10月21日 16時48分)


今月12日、台風19号による風にあおられて転倒し、頭を打って治療を受けていた
80代の女性が、19日に亡くなったことがわかりました。
台風19号で亡くなった人は全国で81人となりました。

神戸市によりますと、台風19号がもっとも接近した今月12日、
神戸市兵庫区の商業施設を歩いていた80代の女性が、強い風にあおられて転倒し、後頭部を打って病院に救急搬送されました。

その後、病院で治療を受けていましたが、
1週間後の今月19日になって亡くなったということです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

台風の危険半円ではない、進行方向の右側でも
強力台風の場合は、暴風で死亡する事態が発生することを
改めて認識したのであった。


このブログ内の関連記事

強力台風としての「台風19号」・・・平成2年、平成3年、そして令和元年
スポンサーサイト




テーマ:台風 - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/4017-fe6e4d10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)