FC2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを
随時更新中です。

http://kuwadong.livedoor.blog/
archives/6130733.html



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



京都市にて、「右折禁止ツアー」という不便なルールがもたらす発見による感動・・・「不便だからこそ得られるもの」という不便益

今日は、令和元年(2019年) 9月22日 日曜日

昨日の午前4時30分過ぎに
ポケットラジオで、NHKラジオ深夜便の「明日へのことば」のコーナーを
耳にしながら歩いていた。

昨日の「明日へのことば」のコーナーでは
「不便だからこそ得られるもの」 をテーマに
京都大学特定教授・不便益システム研究所代表の
川上浩司さんが出演していて、その内容におもしろいものがあった。

*不便益とは、不便さにより得られる利益

学生たちからのアイデアで
「目的地までは右折禁止ツアー」という企画がでてきた。

古都京都市の中心部は、
碁盤目の道路で、東西方向と南北方向の道が直行しているが、
右折禁止であっても、左折を3回すると目的地に
到着できるのである。

右折禁止で目的地にたどり着くには遠回りになるが、
左折だけでも少しでも近い道を通ろうとすると、
普通のツアーでは通らない細い路地などを通る。

すると、「こんなところに京町屋」があるとか
「この石は何だ?」など、思わぬ発見があり、
京都の町に潜む魅力を右折禁止という不便さにより
思わぬ発見や感動をもたらすという不便益があると
いうものであった。

その興味深い内容を、ポケットラジオで歩きながら
聴いていた。
スポンサーサイト




テーマ:発想法・編集法 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/4011-cbebe0ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)