FC2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを
随時更新中です。

http://kuwadong.livedoor.blog/
archives/6130733.html



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



北海道の佐呂間町で、5月の気温としては全国歴代最高気温である39.5℃を観測・・・佐呂間町では106日前の2月9日にマイナス29.8℃を観測して、また、約2週間前には氷点下0.7℃の冬日であった、短期間のうちに冬の気温から猛暑に変化

今日は、令和元年(2019年) 5月26日 日曜日

今日、北海道東部で記録的な高温を観測した。
北海道の佐呂間町では、14時07分に
39.5℃と、北海道内の観測史上最高気温を記録だけでなきく
全国の5月の最高気温としては、
これまでの平成5年(1993年)5月13日(木曜日)
埼玉県秩父市で観測された37.2℃を更新して
5月の気温としては全国歴代最高気温となった。

私は兵庫県西宮市に住まいしているが、
14時頃の気温は

大阪 28.8℃
神戸 24.8℃

阪神間は30℃未満であったが、
阪神間より緯度が10度も北にある
佐呂間町で39.5℃と、
阪神間より気温も10℃以上も高い
猛烈な暑さを観測したのだ。

日本で最も北にある地域の
北海道東部で、記録的な高温が観測された理由として、
以下のことが考えられている。

まず、北海道上空に大陸から暖気が流れ込んでいたこと。
その暖気は午前9時には、札幌市の上空1500メートルでは
平年より約15度高い21.4℃を観測して、真夏でもない
暖気が流れ込んでいた。

その暖気が上空にある高気圧からも強い下降気流で
北海道の地上に広がった。

そして、さらには北海道最高峰がある大雪山系などから
西よりの風山越え気流となるフェーン現象が
北海道東部に発生して気温が上昇した。

14時の北海道東部の気温を見ると
北海道中央の高い山の東側にある
十勝支庁管内や網走支庁管内の多数の地点で
35℃以上の気温が
観測されている。

気温 北海道東部 令和元年5月26日14時 201905261400-00
気温 北海道東部 令和元年(2019年)5月26日14時 
気象庁より)

網走の近くのサロマ湖の南にある
38.8という気温の個所が、
この7分後に39.5℃という
5月の最高気温としては全国歴代最高気温を
観測することとなる。

そして本日の20時20分現在の
日本の最高気温トップ10を見ると

1位 39.5 北海道佐呂間町 14時07分
2位 38.8 北海道帯広市  13時12分
2位 38.8 北海道池田町  14時12分
2位 38.8 北海道足寄町  14時40分
5位 38.5 北海道湧別町  14時02分
6位 38.4 北海道幕別町  13時10分
7位 38.1 北海道芽室町  13時52分
7位 38.1 北海道北見市  14時35分
9位 38.0 北海道更別村  14時29分
9位 38.0 北海道津別町  15時13分


すべて北海道の十勝支庁管内か網走支管内の市町村で観測されていて、
それも、38℃以上である。

いかに本日は北海道東部の特に十勝支庁管内か網走支庁管内が
猛烈な暑さになったかが伺える。


さて、本日
5月の最高気温としては全国歴代最高気温の39.5℃を
観測した佐呂間町では、約3か月半前の106日前の2月9日に
-28.6℃(氷点下28.6℃)という
ダイヤモンドダストが発生するような寒い気温が観測されていたが、
3か月半で68.1℃の気温差が生じていたのだ。

また、佐呂間町では12日前の今月の14日に
-0.7℃(氷点下0.7℃)という冬日を観測していたのだ。
氷点下の冬日を観測して2週間たらずで
39.5℃という猛暑日を観測することになったのだ。

スポンサーサイト




テーマ:気象 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3988-9cdf7eaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)