FC2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを
随時更新中です。

http://kuwadong.livedoor.blog/
archives/6130733.html



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



5月6日のできごと・・・平成24年(2012年)5月6日 ゴールデンウィーク最終日に日本最大級の竜巻被害発生

今日は、令和元年(2019年) 5月6日 月曜日


今から7年前の今日の平成24年(2012年)5月6日(日曜日)の
ゴールデンウィーク最終日に
茨城県や栃木県にかけて、複数個所で竜巻が発生して、
特に茨城県常総市からつくば市にかけての竜巻で被害が大きくなった。

この日の気象状況は
日本上空に氷点下21℃の強い寒気が流れ込んだ一方で、
この日の12時ごろに日本海にある低気圧の左回りの気流により
東日本太平洋側を南からの温かい空気が流れ込み、
また晴天による日射で地表の気温が上がったことにより
関東地方では、大気の状態がかなり不安定になり
積乱雲が発生した。

そして、当日の12時35分ごろに
茨城県常総市にて竜巻が発生。
その竜巻は東北東に進み、常総市の隣のつくば市に移動、
12時53分ごろに消失した。

当日の竜巻の様子

5月6日竜巻 つくば 火花
竜巻と地上の境界付近で、発光している(おそらく、電気設備の破損によるものと思われる)

画像は下記の動画ページより

その竜巻による被害域長さは17km、その被害幅は500mに及んだ。
つくば市にて、
この竜巻により倒壊した家屋の下敷きにより14歳男性(中学3年生)が死亡した。

またこの負傷者は37名、
建物被害は全壊181件、半壊218件、一部損壊659件、
また、電柱・信号機の倒伏、車両の横転、倒木が発生した。


つくば市付近においては約5秒間の平均風速が
毎秒70~92mに達すると推定される藤田スケールでF3の竜巻が
発生していた。


藤田スケールとは世界的な気象学者の藤田哲也(1920~1988)により
提唱された竜巻の強さを評定するための尺度である。

藤田スケールにはO(ゼロ)から6までの7段階あり、
日本の観測史上最高値がF3である。

日本でF3が観測された事例の一部を紹介すると、

平成11年(1999年)9月24日 愛知県豊橋市 負傷者415名
この時、高潮被害などで死者31名を出した台風18号が九州から山口県から日本海へ通過していた。

平成18年(2006年)11月7日 北海道佐呂間町 死者9名 負傷者31名
トンネル工事の作業員用のプレハブ小屋が飛ばされ、当時小屋にいた作業員多数が死亡。


この平成24年5月6日のつくば市の竜巻の藤田スケールの評価は当初F2であったが、
気象庁による現地調査をした結果。

F3を示唆する、基礎ごと転倒した住家があり、その基礎ごと転倒した住家の周囲に、
屋根が全て飛散した住家などF2に相当する被害が複数あったこと。
また、基礎ごと転倒した住家を対象とした複数の研究機関の計算結果では、この場所
の局地的な風速の推定値として、F2~F4に相当する値が得られた。

このような調査結果により、藤田スケールF3と評価された。
日本最大級の竜巻被害のひとつと言われる事態となった。

竜巻 つくば被害 image_120

画像は気象庁ページより
被害にあったマンションの各部屋の窓ガラスが割れまくり
自動車が横転していて、竜巻による物損の激しさが伝わる。

ゴールデンウィーク最終日の当日、
私は当時、このつくばの竜巻被害については、ネットニュースで速報で知り、
ネット上で被害の様子のコメントや画像がアップされていたが、
NHKはじめマスコミなどの速報態勢が鈍いなあと思った。


動画リンク
茨城県つくば市目の前を竜巻が通過!
https://www.youtube.com/watch?v=q60ztaPtuo8



このブログ内の関連記事

平成11年(1999年)9月24日 愛知県豊橋市でのF3の竜巻発生をもたらした台風の被害に
ついて書いたブログ記事です。
9月24日のできごと、平成11年9月24日 台風18号による高潮で12名が亡くなる・・・台風の中心気圧が低いほど、中心付近の風速が強いほど高潮リスクは高まる。特に風下の湾奥は要注意
スポンサーサイト




テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3983-92b9430a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)