FC2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを
随時更新中です。

http://kuwadong.livedoor.blog/
archives/6130733.html



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



ハイビスカスの花言葉「常に新しい美」・・・一日花のハイビスカスは日々新たな美しき花を咲かせ・・・ちなみに日本人の多くが言う「ハイビスカス」には別の呼び名がある

今日は、平成30年(2018年)7月14日 土曜日

JR大阪駅の北側2階の屋外通路の花壇に
真紅のハイビスカスが咲いていた。

ハイビスカス 仏桑花

このハイビスカスという名前は
薬理学と薬草学の父と言われる
古代ギリシアの医者、薬理学者、植物学者である
ペダニウス・ディオスコリデスが関わってくる。
(彼は、ローマ皇帝ネロの治世下の古代ローマで活動している)

彼がギリシアで様々な植物を探索してたいが、
新種の植物を見つけ、それに「ibiscos」と名付けた。
これは、タチアオイを意味するものである。

彼は自身の著書に、
このタチアオイを意味する「ibiscos」が
ラテン語に翻訳され、「hibiscus」と表記された。

時が過ぎて、18世紀。

「分類学の父」と称されるスウェーデンの博物学者
カール・フォン・リンネ(1707年-1778年)のもとに
インドまたは中国からもたらされたとされる
真紅の八重咲きの花を目にすることとなる。

リンネはその花の名前について、
まずタチアオイに似ていることから「Hibiscus」とつけ、
そして、中国のバラという意味の「rosa-sinensis」を合わせて
「Hibiscus rosa-sinensis」と名付けた。

この「Hibiscus rosa-sinensis」が学名となっている花は
「仏桑花(ブッソウゲ)」であり、
日本の多くの方々が、「ハイビスカス」と呼ぶ赤い花は
この「仏桑花(ブッソウゲ)」のことである。
この記事の画像も「仏桑花(ブッソウゲ)」である。

「ハイビスカス」とは
アオイ目アオイ科の下位分類たるフヨウ属に属する植物の
属名のことであるのだ。

さて、一般の日本人が言う「ハイビスカス」は
「仏桑花(ブッソウゲ)」であることが多い。

この「仏桑花(ブッソウゲ)」が、日本に渡来する前の中国では
「扶桑花(フッソウゲ)」と表記されていた。

さて、「扶桑花」という名前の由来には
ある中国の伝説が関係しているという説がある。

その伝説とは、中国大陸の東方沖の
日が出ずる所に「扶桑」という巨木の神木があるという伝説である。
その伝説の木に咲く花ということから「扶桑花」と
名付けられたとされる。

その「扶桑花」が、江戸時代初期の慶応年間に
日本に伝わり、音読みが訛って
「扶桑花(フッソウゲ)」から「仏桑花(ブッソウゲ)」に
なったという。 

その「仏桑花」と日本で呼ばれてきた花は
1923年に、ハイビスカスが米国のハワイ州の州花になって以来、
その影響があったのだろうか、
「ハイビスカス」と言われることが多くなったという。

その「ハイビスカス」は、
咲いたその日のうちに枯れてしまう一日花である。

このハイビスカスの花言葉のひとつに
「常に新しい美」というものがあるが、
その一日花であるハイビスカスの性質に由来するものであり、
毎日、毎日、一日限りの美しき新しい花を咲かせるので
「常に新しい美」という花言葉がつけれれた。


このブログ内の関連記事

アオイ科フヨウ属の植物である「芙蓉」の花言葉について
芙蓉、その花言葉は「しとやかな恋人」・・・日々、その時々変化する芙蓉について、芭蕉が一句詠んでいる


自宅近所で見かけた「タチアオイ」の画像を載せつつ葵 (アオイ)の名の由来を説明
葵 (アオイ)の名の由来・・・お日さまを仰ぐ花が咲く日を逢う日にしましょう
スポンサーサイト




テーマ:花ことば  - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3939-0f149e43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)