FC2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを
随時更新中です。

http://kuwadong.livedoor.blog/
archives/6130733.html



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



「感動をありがとう」ではなく、なぜ負けたのかの分析批評を報じるのはメディアの役割・・・サッカーW杯、日本の見事な大逆転負け・・・「感動をありがとう」という表現はマスコミが伝えると陳腐に思える

今日は、平成30年(2018年)7月 3日 火曜日


サッカーW杯、日本対ベルギーは
日本が見事な大逆転負けで終わった。

日本が2点目を入れた後、
私はあと1点欲しいなあと思い、

2点目のミドルシュートを決めた乾選手が
その後、まもなく、同じような状況になったが
シュートを蹴れなかったのが惜しまれる。

さて、案の定、テレビやネット上では
日本の代表の敗戦後、

「感動をありがとう」

という表現があふれているが、

テレビのW杯の番組やニュースで

報じるべきことは

「感動をありがとう」ではなく、
なぜ、日本は負けたのか? 世界の強豪国との差は
何かを冷静に分析する報道である。

そのような批評や振返りがなければ、
日本サッカーの強化にはつながらないだろう。



まあ、そのような敗因分析の記事は見られて、

サブメンバーのベルギーの高さにやられた。サブの人材の差とか、

そして、やはりこの人は日本の敗因を語っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【セルジオ越後】「惜敗」はなんの慰めにもならない。そこに差があることを認識しないと
(ライブドアニュース 2018年7月3日 7時46分


(前略)

冷静に分析すれば、相手のほうがチャンスを圧倒的に作っていたし、2点目、3点目なんて
完璧に崩されていた。あれだけ必死に守っていても3失点してしまったんだ。
ギアを入れられると完全に後手を踏んでしまっていたよね。

 露呈したのは、経験不足だった。カウンターからうまく2点を先行したのは良かったよ。
ただ、2-0になってからの試合運びは非常にもったいなかった。
西野監督が試合後に「もう1点取れた」と言っていたように、“いけるかも”と思って欲が
出てしまったようだ。あそこでは、2点を守り切る試合運びをすべきだったよ。
流れに沿った選択ができるかできないか。そこに世界とのレベルの違いがあるね。

 逆にベルギーの対応は素早かったね。2点のビハインドになると、
フェライニという高さのあるカードを切って押し込もうとしてきた。
それなら日本は、植田など長身のCBをもうひとり入れて、そのポイントを
消すべきだったんだ。つまり、柔軟性という点で完全に劣っていたわけだ。


(後略)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、セルジオ越後氏のような辛口批評家は必要であると思った。


それにしても
「感動をありがとう」という表現はなぜか好きになれない、
違和感ありまくりだ。

それが、テレビなどがテンプレのように
大きなスポーツイベントで

「感動をありがとう」

を垂れ流すので、よりいっそう陳腐化してしまっている。


それはさておき、
今回の日本代表は
1次リーグ突破もないだろうと期待薄の状況で
コロンビアに勝っちゃって
ジャイアントキリングをやってしまって、
リーグ突破で、ひょっとして、ベスト8もなるかもしれない
と思わせるような試合までして、楽しませてもらったわ。
お疲れ様でしたとは思う。



スポンサーサイト




テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3936-30bd2da6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)