FC2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを
随時更新中です。

http://kuwadong.livedoor.blog/
archives/6130733.html



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



サッカーW杯、日本決勝T進出・・西野監督の他力本願戦術は博打でありがらも合理的・・同点を狙う攻撃的な戦術もさらなる失点リスクを抱えた博打であった・・・イギリスBBCの批判報道なんて馬耳東風でいい

今日は、平成30年(2018年)6月29日 金曜日


ワールドカップサッカーで、
日本がポーランドに1点リードされながらも
自陣でボール回しを始めた
コロンビアがセネガルに勝利することに頼った
他力本願な西野監督の采配に
大博打だという批判があったりした。

私は、他力本願の戦術は博打でありながらも
合理性があった。
1点リードされているなか
同点狙いの戦術は必ずしも同点にできるわけでなく
カウンターによるさらなる失点によるリーグ敗退の
リスクがあり、同点狙いの戦術も博打であった。

コロンビア対セネガルで、
コロンビアがセネガルをリードした。


後半の残り時間が少ない中で
得点をすることがあるが、
どのようなチームも
得点できない場合の可能性の方が
高いように思える。

また、日本のコーチ陣などが
コロンビア対セネガルの試合をテレビで
見ていたりして、セネガルが得点する可能性が
低いと思ってたかもしれない。

そうなると、
1点差でポーランドに負けても
同点になったとしても2位通過は変わらない。

そうなれば、カウンターによる失点リスクや
そのカウンターを押さえるために警告などを受けて
セネガルに対するアドバンテージを失い1次リーグ敗退の
リスクを抱える同点を狙って攻める戦術より
自陣でボールをくるくるまわして、
失点も警告も受けない戦術を取った方が
1次リーグ突破の確率が高くなる。

これは合理的である。

1点差でリードされながらも
日本の自陣でボールをくるくるまわして
決勝トーナメントを進出を決める戦術に
イギリスのBBCで批判報道があるようだが、
そんなの好きに言わしておけ
馬耳東風で良い。

海外のチームも似たようなことはしている
2002年のワールドカップで1次リーグの最終戦であった
イタリア対メキシコもそうだ。

イタリアが後半40分に追いつき同点となり、その時点で
イタリアもメキシコも決勝トーナメント進出となったので、
両チームともにただボール回しを始めて、
どちらも攻めようともせず、試合終了時間まで
時間つぶしをしていたっことがあった。


スポンサーサイト




テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3935-5f51e387
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)