言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



日本の元号は、暦の世界遺産である!元号廃止論には大反対!・・・・世界の暦の文化多様性は保存されるべきであり、元号抜きでは日本の歴史を語れない

今日は、平成30年(2018年)5月6日 日曜日

平成もあと1年を切り、
来年の5月には新元号になっている。

さて、元号が変わるとなると
グローバルスタンダードの西暦(グレゴリウス暦)と合わず
不便なので、元号廃止論が出てきたりする。

私は、日本の歴史を振り返る道具としての元号の機能性、
また、世界の暦の文化多様性という文脈においても
元号廃止には大反対である。

日本史を習った方なら

「応仁の乱」が西暦1467年に始まったと習っただろう。

さて、その戦乱がどうして「応仁の乱」と言われるのか
理由は単純で、それが始まったのが「応仁元年」だったからだ。
つまり、元号が応仁の時に発生した戦乱であったからだ。

また、鎌倉時代に
中国を支配していたモンゴル帝国の元が日本に侵攻した元寇では
1度目の侵攻は「文永の役」と言われ、
2度目の侵攻は「弘安の役」と言われるが、
それも元号が「文永」と「弘安」の時代に発生したからだ。

また、江戸時代の「天保の大飢饉」は
元号が「天保」の時に発生したから、
その名称がついている。

日本の近代史においては
「明治維新」はまさに元号が「明治」だったからであり、
海外の日本研究者が明治維新について著書を出すときの
タイトルは「The Meiji Restoration 」と「明治」の元号由来の
名称が使用されている。

また、近代日本の歴史で「大正デモクラシー」とあるが、
まさに元号が「大正」に時代に発生した現象であったことに
由来する。

また、元号の名称がつく出来事は政治・社会事象だけでなく
自然現象に関することにもつけられている。

東日本大震災に類似する平安時代の巨大地震である
貞観地震の名の由来は、元号が「貞観」の時代に発生したからであり、
江戸時代中期にに発生した南海トラフ巨大地震である
「宝永地震」とその49日後に発生した富士山大噴火を「宝永の大噴火」と
称するのは元号が「宝永」の時代に発生したからだ。


日本の歴史的大事象を振り返るにあたって、
元号というのは重要な機能を果たしている。

これから100年後、いやさらに後世の日本人が
歴史を振り返るとき、
第2次世界大戦の敗戦とその後の高度経済成長と
日本史で稀な時代であったという意味で
元号が「昭和」の時代をインデックスとして
活用できる。

また、平成も日本経済史的には「平成デフレ」と
経済的には高成長が続いた「昭和」とは全く違う
経済環境の時代とすぐに明確に区別できたりして
元号による区切りが後世の日本人が歴史を振り返るときに
便利だと思う。

日本の歴史を知ることにおいて
元号というのは切っても切り離せないものだ。
それゆえに元号廃止には大反対だ。

それでも、元号廃止派は
キリスト教国に由来する西暦(グレゴリウス暦)が
グローバルスタンダードとなっていて、
日本だけしか通用しない元号表記は不便だから
ということに理由にしたりするが、
元号存続は世界的に見れば
暦の多様性の保持という意味もあると思う、

西暦はキリスト教国由来であるが、
世界の宗教はキリスト教だけではない。

まず、キリスト教発生前から存在する
ユダヤ教では
神が天地を創造した年を元年とするユダヤ暦があり、
現在では、ユダヤ暦5778年。
ユダヤ教徒が大多数のイスラエルでは、
ユダヤ暦が西暦と日付が異なる
祝福の日付は、ユダヤ暦に従い毎年変わる。

イスラム教国ではイスラム暦として
ムハンマドがメッカからメディナに移住(ヒジュラ 聖遷)した年を
元年とするヒジュラ暦やヒジュラ紀元のペルシア暦(イラン暦)があり、
現在は1439年となる。
イスラム教国でも、祝日がイスラム暦がベースになっていたりする。

そして、仏教国に関して言えば、
タイ仏暦(タイ太陽暦)である。
タイ王国では、釈迦が入滅した翌年を紀元とする仏暦を
公式の暦に採用していて、現在は2561年である。

また、台湾では西暦と併用して、中華民国暦という暦が
標準化されている。
台湾は第2次世界大戦後に、中国の国共内戦で敗れた
中国国民党が統治した。
辛亥革命の翌年である西暦1912年に
中華民国が成立したが、中華民国を継承する中国国民党は
台湾で、中華民国が成立した西暦1912年を紀元とする
中華民国暦を採用しているのである。
現在は107年となる。


このように世界ではキリスト教国由来の西暦以外の
様々な多様な暦がある。

グローバル化が進み世界が標準化されていくと
文化多様性が損なわれてしまうのではないかという
議論が、文化帝国主義への批判などの文脈からなされたりする。

キリスト教国由来の西暦しか世界の暦としか認めない、
また、西暦が世界標準化しているので、自国の暦は止めろというのは
まさに文化多様性を破壊する行為である。
私からすれば、英語が世界標準語化しているので、
日本語などの自国の言語を廃止して、英語だけを公用語に
しろと言っているようなものに感じる。

今回、西暦以外の世界の多様な暦を紹介したが、
紀元が定まっていて、
ただ、和暦である元号のように暦の紀元年が
変わってしまうことがない。

そう思うと、日本の元号は世界的に見て
稀な暦と言えるかもしれない。
また、元号は中国が発祥で朝鮮半島やベトナムでも
採用されたが、現在、元号を使用しているのは日本だけである。

そう思うと、日本の元号は暦の世界遺産であると思う!!
そんな世界遺産たる日本の元号を廃止するとはもってのほかである!!!



スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3921-96f05d45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)