FC2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



「CAT’S EYE」、杏里はこのアニソン初のヒットチャート1位曲を初めはとても歌いたくなかったという・・・ちなみに「CAT’S EYE」と 松田聖子の「青い珊瑚礁」の共通点は何?

今日は、2018年(平成30年)4月22日 日曜日

今回、紹介したい私のお気に入りの曲は
昭和58年(1983年)8月5日に発売された
杏里の13枚目のシングル「CAT’S EYE」である。

曲について詳しくお読みいただく前に
この曲の動画をご覧下さい

cat's eyes(1983 キャッツ・アイ )op
https://www.youtube.com/watch?v=I34uOs0aaZI


そうこの曲は

北条司のアニメ「キャッツ・アイ」の第1期の
オープニングソングを飾った曲である。

昭和53年にデビューした杏里は
大ヒット曲に恵まれず、どのようにしていくべきか
彼女の方向性について議論していた周りのスタッフに
ある企画が持ち込まれた。

その曲のレコーディングの日、
杏里は分刻みのスケジュールでどのような曲なのか
わからにままスタジオに入るのだが、
それがアニメの主題歌だと知り、
杏里は戸惑う。
彼女は
子供向けの楽曲をあてがわれたと失望し
歌手としての格下あつかいされた
正直良いイメージを抱けず。
レコーディング直前でドタキャンするほど
だった。

ところがいざ発売してみると
アニメの主題歌で初めて
オリコンヒットチャートで1位を獲得するだけでなく
5週連続1位となり、当時の売上げで82万枚
年間シングルチャートでも6位になった
(最終的な売上げは130万枚以上とされる)
また、当時の2大ランキング形式の歌番組であった
TBSのザ・ベストテンや日本テレビのザ・トップテンで1位を獲得。
さらに、「CAT’S EYE」の大ヒットで
この年の大晦日の第34回NHK紅白歌合戦の出場を果たす。
また、翌年の春に甲子園で開催された
第56回選抜高等学校野球大会入場行進曲に選ばれる。
アニメ主題歌が春の選抜の選ばれるのは初めてであった。

初めはとても歌うのを嫌がった杏里であったが
この思わぬ「CAT’S EYE」の大ヒットの受けて

大人や子どもまで幅広い世代に自分のことを
知ってもらうきっかけとなり
自分にとってかげがいのない
自分にとって大きな意味を持つ
大切な曲になった

という主旨のことを彼女は語っている。

さて、この「CAT’S EYE」を作詞した
三浦徳子(みうら よしこ)は
他にも
吉川晃司のデビュー・シングルの「モニカ」
郷ひろみの「お嫁サンバ」
松田聖子の「青い珊瑚礁」など
ヒット曲の作詞をしている。

また、「CAT’S EYE」の作曲者
小田裕一郎は松田聖子の「青い珊瑚礁」を作曲している。


「CAT’S EYE」のフルバージョンは
この動画で聴けます。

YouTube
杏里 ~ANRI~『 CAT'S EYE 』 MV

スポンサーサイト

テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3917-18a5db99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)