言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



水の都を流れる川面に浮かぶ桜の花びらを見て、一首を思いつく・・・・・自ずから(おのずから)と自ら(みずから)の間(はざま)の 合わいのなかでわが行く末を歩んで生きたい

今日は、2018年(平成30年)4月 1日 日曜日

昨日は水の都と称される大阪市内の
オフィスビルの10階の窓から見える
川面に揺らめく桜の花びらが少々
帯状になっているのを見て、
もっと桜が散るころになれば、
その桜の花びらの帯が大きくなり
より花筏(はないかだ)らしくなるな
と思った。

散った桜の花びらが水の上に帯のように
浮かび流れる姿を筏(いかだ)にみたて
「花筏(はないかだ)」と呼ぶ。


そこで一首を思いつく

夕映えの
 川面に揺れる
   花筏
  波風(はぜ)に棹差す
   わが行く末を


夕刻のほのかな陽に照らされる
川面に浮かぶ花筏は
微かな波やそよ風に任せて
流れていく
自分の力ではどうにもならない
自然の自然の自ずから(おのずから)の作用に
身を棹差しながらも
自分の意図による自ら(みずから)の作為により
よりよき流れに進めるように
自ずから(おのずから)と自ら(みずから)の間(はざま)の
合わいのなかで
わが行く末を歩んで生きたい

という思いがあるその一首を思い浮かべた

ちなみに
自ずから(おのずから)と自ら(みずから)にあわい
に関しては当ブログ記事

中島みゆきの名曲「糸」の歌詞から、「みずから(自ら)」の意図と自然の「おのずから(自ずから)」の作用が織り成す人生を思う・・「結婚することになりました」という表現が意味するもの

にも書いているので、ご興味ある方は
そのリンク記事をお目を通していただけば
幸いです。



スポンサーサイト

テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3912-dfd89215
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)