FC2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを
随時更新中です。

http://kuwadong.livedoor.blog/
archives/6130733.html



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



子どもの無知ゆえの素朴な感受性の豊かさの新鮮さと素晴らしさ・・・3歳児は電車が地上から地下に入り「急に夜になった」と驚き、電車が土の下に入ったと教えてもい、その3歳児は何と言ったでしょう?

今日は、2018年(平成30年)3月25日 日曜日

今朝のNHKマイあさラジオで
リスナーからの投稿で、3歳の孫を連れて
電車に乗っていたときの様子の内容の
ものがあった。

3歳の子が走っている電車の先頭からの車窓から見える
線路そのものが走っているように見えて、

「線路も走っている。電車よりも速く走っている」

と言った。

すると、電車は地上から地下に入って行き
窓の外が一気に暗くなると、
その3歳の子は電車が地下に入るとは
わからないので

「うわ。急に夜になった」

と驚いたようだ。
すると、(おじいさんかおばあさんかわすれたが)

地下に入ったことを説明しようと
電車が土の下に入っていったというようなことを
言うと、
その3歳の子は

「モグラさんの国にきたんだ」

と言ったそうだ。

そのような3歳の子を
電車内のまわりの乗客らは
微笑ましく見ていたという。

このように子どもの無知ゆえの
素朴な感受性の豊かさの素晴らしさを感じる。

大きくなれば、
走る電車から線路が走っているように見えるのは
目の錯覚であり、
地上から地下に入るので暗くなるのは当たり前と
既知ゆえに、そんなことに驚いたり
心動くことがないが、
大人よりは知らないこだらけの小さい子どもに
とっては、何もかもが新鮮で驚きで心が動き、
常識にはまり込んでいる大人には思いつかないことを
感じたりする。
それにある種の想像性の新鮮さを感じるのである。



このブログ内の関連記事

子供は無知ゆえに豊かである

小さな子供が、見知らぬ人の風船を欲しがった光景を見て・・・心の壁を低くして、新しい人の関係ができれば、新しい発想や価値を得ることができる

子供の視野の柔軟性と広さ・・・西宮ガーデンズの出入り口が混みモタモタ歩いていると、左に、子供がすっと走っていくのが見え・・

たんごむしはどうして汗をかかないの?・・・子供の不思議さを感じる力の素晴らしさを夏休み子ども科学電話相談を聴いて思う

「虹は誰が描いているの?」・・・・冬休み子ども科学電話相談にて3歳の女の子の自然現象の原因を擬人化する問いかけに昔の神話などに通じるものを感じた


「像洗所」??、いや「造船所」・・・漢字を知らないオレスカバンドのリーダーの珍解答・・・・無知ゆえの創造性



スポンサーサイト




テーマ:発想法・編集法 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3909-36b2511d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)