FC2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



「今季」と「今シーズン」、どちらの表現を使いますか?・・・民間気象会社のウェザーニュースは「今季」と表現したり「今シーズン」と表現したり

今日は、2018年(平成30年)2月 7日 水曜日

強い寒気が日本列島に来ているというニュースで

「今シーズン最強の・・・」

と「今季」と言わずに
「今」という漢字と「シーズン」という
季節を意味する英語の「season」からの
外来語表記を混在した表現を使用している。

私は、NHKとフジテレビ系列のニュース報道で
「今シーズン」という表現を音声と文字テロップで
見聞きした。

せめてNHKぐらいは
「今シーズン」ではなく「今季」という
昔ながらの日本語のままで表現して欲しいなと
思いつつ

英語の季節の意味の「season」=「シーズン」が
日本語として定着化しつつあるのかと思った。

「今シーズン」という表現は
気象報道だけでなく、スポーツ報道でも
見られるが、

一方、スポーツ報道の中でも

今季0勝の沙羅 五輪勝てるか
なぜ勝てない?女子ジャンパー高梨沙羅は平昌五輪で雪辱を果たせるのか

今季11戦ゼロ勝のまま平昌五輪を迎える高梨沙羅は奇跡を起こせるのか?

2018年2月6日 10時22分
(THE PAGE) Yahooニュースより

というように「今季」という表現を使用している。

面白いと思ったのが、民間気象会社の「ウェザーニュース」の
気象ニュース情報

週前半は今シーズン最強の寒気が襲来
2017/12/10 05:13 ウェザーニュース


週中頃は今季最強クラスの寒気に注意
2017/12/04 13:13 ウェザーニュース



と「今季」と「今シーズン」という表現が
同じ気象情報会社でありながら混在していて
面白い。


このブログ内の関連記事

「ストレステスト」と「耐性試験」・・・表音文字のカタカナ表記と表意文字の漢字表記・・・外来語を表意文字の漢字表記に和訳すれば、さらに理解度は高まり、世界に発信できる言葉の力を得るのでは

「竜巻」と「ダウンバースト」・・・「竜巻」という上昇気流の方は漢字という表意文字で、「ダウンバースト」という下降気流の方はカタカナという表音文字が使用されることについて

水害での「バックウォーター現象」という外来語を翻訳もせず伝えることへの違和感・・・明治の日本人なら日本語に翻訳しようとしていただろう

日本語は「てにをは」を鋳型にして、外来語をどんどん吸収してきた・・・日本語の「詞-辞」構造で、

加速度を増す商品経済化とグローバル経済化と表音文字であるカタカナの外来語の氾濫で言葉が軽く扱われやすくなる・・・明治の知識人は外来語を表意文字の漢字に翻訳して言葉の本質を理解しようとしてきた・・日本語の「てにをは」を鋳型にした日本語の「詞-辞」構造ゆえに

スポンサーサイト

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3893-4caa9ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)