FC2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



日本のいわゆるリベラル勢力(反安倍・反小池)が血を流さない権力闘争や選挙という平和な戦争に負け続けることから思うこと・・・「闘争」に疎い政治家に政権を託すことに不安を感じる国民は多くいるのではないか


今日は、2017年(平成29年) 9月30日 土曜日

小池新党に、民進党が事実上吸収される事態となり、
日本のいわゆるリベラル勢力が、これまでの小池百合子氏の
政治姿勢などから、安倍首相以上に独裁的な振る舞いをして、
右翼政権になる懸念の意見が多く見られる。
また、民進党の前原代表があまり党内で民主的な議論をしないで
民進党の希望の党の事実上の合流を決めたことに
懸念を示すリベラル派の意見がある。

たしかに、その懸念は最もだが、
それにしても、日本のリベラル勢力は権力闘争という戦いに
弱いのだなあと思う。

安倍首相の野党の選挙戦闘態勢が整わないうちに
電撃的な選挙戦争に持ち込もうとして、
さらに、民進党よりも人気のある小池新党が
電撃的に結党して、
民進党など野党連合に期待していた
リベラル勢力がその電撃作戦によって引き起こされた
政変に右往左往しているように見える。

これで思い出すのは、
第2次世界大戦で、全体主義国家のナチスドイツの
ヒトラーが、電撃作戦による奇襲攻撃で
自由民主主義国家の第三共和制のフランスが降伏に追い込まれ、
西欧大陸に展開していた自由民主主義国家のイギリス軍が
ダンケルクから大陸撤退を余技なくされ、
最終的には、世界最大の軍事大国である
自由民主主義国家の盟主のアメリカ合衆国による助けがなければ、
全体主義国家のナチスドイツに勝つことができなかった。

今回の政変の日本のリベラル勢力の右往左往ぶりを見て、
この第2次世界大戦の状況を思い出しながら、
民進党の小池新党合流をただ批判だけしている言論人の方に
問いたいのは、もし、あなたが民進党の前原代表の立場なら、
安倍首相と小池百合子氏による電撃的な権力闘争の戦いに対して、
自分達の勢力が奪われかねない中、
限られた時間の中で、どのような権力闘争という選挙戦をするのか
の意見があまり見られないのが残念である。

いったん、第2次大戦のフランスのように占領されながらも
長い目で見て、より強いアメリカの参戦を待つという、
イギリスのチャーチルのように
長期的な展望を立てて、今回は大敗しても、今後、
勢力を立て直すという方法を考えるのか?
今回大敗してしまえば、古代ローマに滅亡させられた
カルタゴのようになってしまうと思い、
生き残りをかけて、どこかと同盟を組むのか?
第2次世界大戦で言えば、自由主義国家のアメリカとイギリスは
ドイツと日本に勝つため、イデオロギー的には水と油の
共産主義で一党独裁国家のソ連と組んで、勝利したが、
そのように過去の戦の事例から選挙戦という権力闘争を俯瞰する
日本のリベラル勢力の人はいないのかと思ったりする。

選挙という血を流さない平和な戦争に負け続ける
日本のリベラル勢力を見て不安に思って、
いざ、民主主義国家の日本を外的からの侵略から守ることは
できるのだろうかと思う有権者も多くいるのではないか?


当ブログ内の関連記事

安倍自民党も嫌だが、小池新党も嫌だけど・・・「うんこ味のカレー」と「カレー味のうんこ」のどちらを食べるか・・日本に小選挙区制を導入した政治改革は失敗だったな


すぐに消耗品化する小池劇場という劇場型政治という新商品に飛びつかざるえないお客様意識の有権者のままでは民主主義は成熟しないだろう・・・マスコミの政治報道のあり方も含めて、多くの国民が民主主義を育む、政治家を育てるという意識を高めて欲しいと思うが
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3852-dc3b9044
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)