FC2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



医師免許なし墨彫師に有罪判決・・・はあ、入れ墨の彫行為が医療行為なんて法律に書いてねえぞえ、この裁判長は罪刑法定主義の大原則をわかってねえのか!入れ墨文化経済を破壊して、格差社会を推進するクソッたれ判決

今日は、2017年(平成29年) 9月27日 水曜日

この判決のニュースを知った時、
「こんな裁判長はクビにしてしまえ!」と
脊髄反射的に怒り心頭してしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
医師免許なしで客にタトゥー入れた墨彫師に有罪判決 
違憲の主張退け「医業に該当」 大阪地裁
(産経新聞 2017年9月27日14時53分)


医師免許なしに客にタトゥー(入れ墨)を入れたとして、
医師法違反の罪に問われた彫師、増田太輝(たいき)被告(29)の
判決公判が27日、
大阪地裁で開かれた。長瀬敬昭(たかあき)裁判長は、
入れ墨は医師が行うべき「医業(医療行為)」に当たるとして、
罰金15万円(求刑罰金30万円)を言い渡した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだが、おいおい医師法には
入れ墨の彫行為が医療行為なんてどこにも
書いてないようだけど。

警察当局が
入れ墨を医療行為だという根拠にしているのは
や目尻に墨を入れる「アートメイク」のトラブルが相次いだのを受けて、
厚生労働省が平成13年(2001年)に
「針先に色素を付けながら皮膚の表面に色素を入れる行為」は医師しかできない
という通達を根拠にしているよだが、
おいおい、通達というのは
行政機関内部における指揮監督関係に基づき、下級機関に対する命令としての
効果を持ちうるに過ぎず、国民に直接効力を及ぼすものではないのだ。

そんな法律でもない通達を根拠で強制捜査して、それで処罰することを
裁判所が是とすることに驚いた!

近代刑法の大原則として、
どのような行為が犯罪とされ、いかなる刑罰が科せられるか、
犯罪と刑罰の具体的内容が事前の立法によって規定されていなければ
ならないという罪刑法定主義というものがあるが、
それは条文で文章で規定されていない犯罪の構成要件とそれに対する刑罰を
権力機関による恣意的な解釈による類推解釈の禁止がある。

あのさあ、入れ墨は医療行為だと医師法に書かれてないし、
また、法的効力がない通達を根拠にして刑事事件の捜査をした
警察の行為を追認するようなあるまじき判決である。

入れ墨は医師がするものというのは国民の多くには認識していなかったと
思うし、長い伝統がある入れ墨文化がある日本において、
近代法が制定された明治以降の日本の歴史の中で、
入れ墨は医師しかできないとう法的解釈がなかったのに
急に、法文に書くこともなく
多くの国民が予測できない解釈で刑罰を科すことは、
具体的内容が事前の立法によって規定がなければ刑罰を
科せられないという「罪刑法定主義」に反するものであり、
そのときの役所の課長などの判断で、
犯罪の構成要件が決まり、国民に処罰を課す類推解釈が
まかり通ってしまうと権力機関による恣意的な解釈により
国民への基本的人権侵害が蔓延することになりかねない。

法律論から話は変わるが、このニュース報道をしていた
読売テレビの「かんさい情報ネットten.」で
ますだおかだ増田英彦さんがいい質問をしていた。

「入れ墨をしたいという人がいて、医師で入れ墨をして
くれる人いるのですか?」

という質問をすると、担当記者が
「いません」
と言っていた。まさに、そりゃそうだろうと思った。

こんな近代刑法の「罪刑法定主義」に反する
クソッたれ判決のために、入れ墨をしたいという人の
ニーズを満たせなくする消費者利益が満たせなくなってくるのだ。
今回の判決は日本国内における入れ墨市場というニッチ市場を
破壊する判決になり、経済活動をつぶして、入れ墨市場による
利益から上がる税収をなくすことにつながるだろう。

医師しか入れ墨ができないとなるとどうなるか?
医師になるには授業料の高い医学部に行かなければならなくなり、
低所得の家の出のものでも就業できていた彫師という職業を
奪うこととなり、入れ墨による収入を無くしてしまい
まさに、格差社会を推進するようなクソッたれ判決だ。

まあ、海外のように入れ墨行為による健康被害を防ぐという意味でも
現代の日本の彫師業界の現状に応じたライセンス制度を取り入れるのは
いいと思う。

厚生労働省およびそれを統括する内閣、そして内閣総理大臣を指名する
国会がそのような立法処置を取るべきであったのに、
それをしなかったために、警察に罪刑法定主義に反する
医師法の恣意的な解釈による捜査をさせてしまったと思う。

それにしても、罪刑法定主義という近代刑法の大原則に反する
判決を出した長瀬敬昭氏がもし最高裁判事に出世して、
衆議院総選挙時の国民審査の対象判事になったら、
迷うことなく、不信任の「×」にしてやろうと思った。


当ブログ内の関連記事

刺青=ヤクザだけなのか?遠山の金さん=ヤクザなのか?・・・アニメキャラデザイン刺青「ヲタトゥー」が広がっているというニュースより、ちなみに須磨海水浴場の刺青禁止条例は憲法違反だわ
スポンサーサイト

テーマ:刑事事件・裁判関連ニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3849-1698ecb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)