FC2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



彼岸花の花ことばは「思うのはあなた一人」「再会」・・・死者と再会する場である墓地に彼岸花が多い理由は

今日は、2017年(平成29年) 9月22日 金曜日

一昨日、秋の彼岸の西宮市内を歩いていると、
マンション前の歩道の植え込みに
彼岸花が咲いているのが見えた。

彼岸花 

彼岸花は
ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。
その学名は「Lycoris radiata (リコリス ラディアータ)である。

ヒガンバナ属という意味で「Lycoris」はあるが、
それは、ギリシア神話に登場する海の精霊である
「Lycoris(リュコリアス)を、その花の美しさを称えて
命名したという。

また、「radiata(ラディアータ)」はラテン語で放射状という
意味があるが、これは、この花が放射状に咲くことに由来する。


さて、彼岸花という名前の由来は
まさしく、秋の彼岸の時期に咲くことにある。
ただ、別の説として、
毒のあるこの花を食べると
「彼岸(死)」しかないと言われたことに
由来するという説がある。

ちなみに「彼岸」という言葉には
向こう岸=死後の極楽浄土の世界という意味がある。

一方、こちら側の
欲や煩悩にまみれたこの世の世界は「此岸(しがん)」という。

さて、この花は「曼珠沙華」(マンジュシャゲ)とも呼ばれるが、
これは、古代インドのサンスクリット語の「manjusaka」を
中国で漢字に音写したもので、天上に咲く赤い花という意味である。



曼珠沙華のお花にまつわる仏教的なお話で、
法華経の第一序品に

是時天雨 蔓陀羅華、摩訶曼陀羅華、蔓殊沙華、摩訶蔓殊沙華、而散仏上
 
 (訳)
 その時、天は曼陀羅華・摩訶曼陀羅華・曼珠沙華・摩訶曼珠沙華を雨ふらして

となるが、

 「大小の白い蔓陀羅華と、大小の赤い曼珠沙華という、四華が天から
  雨のように舞い降りてきて」

という意味である。「摩訶」には「大きな・大きい」という意味で、
お釈迦様が説法中に天から大きな赤い曼珠沙華が降ってきた様子が
書かれている。
 ちなみに、白い蔓陀羅華は白い蓮のことである。


さてこの曼珠沙華=彼岸花の花言葉に
「思うのはあなた一人」「再会」などがある。

「思うのはあなた一人」の由来は、
彼岸花の特殊な印象的な赤い花色による。

「再会」は、
亡くなった者と再会する場である墓前がある墓地に
彼岸花が多く咲いていることに由来するという。

さて、なぜ墓地に彼岸花が多いのか?
かつて、日本では現在の火葬とは違い、
土葬が主流であった。

その亡骸を埋めた墓地で
モグラが、その亡骸を
食べてしまうことがあった。

そこで毒性のある彼岸花の球根を植えることで、
毒を嫌ってモグラがこなくなり、
また、モグラの餌となるミミズもその毒を避けて
近寄らなくなり、モグラも来なくなる効果があったとされる。

スポンサーサイト

テーマ:花ことば  - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3847-8e22361b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)