FC2ブログ
言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを
随時更新中です。

http://kuwadong.livedoor.blog/
archives/6130733.html



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



英語は「する」言語であり、日本語は「なる」言語である・・・動作主を明確にする英語と自然の成り行きでそうなったと表現する日本語

今日は、2017年(平成29年)8月28日 月曜日

日英語比較において、しばしば、
英語は「する」言語であり、日本語は「なる」言語であると
言われたりする。

例えば、次の簡単な同様の意味を日英文を見てみよう。

英語 :Spring has come.(春が来た)
日本語:春になった。

「Spring has come.」の英文は
Springという名詞をひとつの<もの>として認識し、
Spring なるものがこちらの方にやって来た、
と受け取れる表現の仕方をする。
つまり、Spring が「行為者」として行為を行うこと、
また行ったこと(「する」「した」)を
表現しているのである。
この例文のように英語は「する」言語と
言われる所以である。

一方、日本語文では、「春になった」という
事実以外、例えば誰が春になったのか、何が春になったのかなど
英文の「Spring has come.」にある Spring のように「行為者」を
示すものが存在していない。
日本語では「春になった」という事象を
「こと」として捉え、「行為者」を示さず
全体の状況(「~になる」「~なった」)を注視する
傾向がある。それゆえに、日本語が「なる」言語と
言われる所以である。
言語学者、英語学者である安藤貞雄は
つまり、そのような日本語の特徴について
行為者を表に出さず、
あたかも「自然の成行きでそうなった」と表現する
言語であると評している。

また、英語は「人間中心」の言語であり、
日本語は「状況中心」の言語でもあると評される。
例えば、服のボタンが外れたことを英語と日本語では

英語 :I’ve lost a button.(私はボタンを失った)
日本語:ボタンがとれちゃった。

と、英語では誰が行為したかに主点があり、
日本語では、どういう状況だったかに主点がある。

さて、同様の事例でもうひとつの英語と日本語文を比べてみると、

英語 :When I went out, I saw the moon shining.
   (私が外出した時、私は月が輝いているのを見た)

日本語:外出すると、月が輝いていた。

英語の「I saw the moon shining.」では、
「I=私」と語り手がはっきりと存在して
第三者的に、つまり、超越的な神の視点で
客観的に、状況に埋没せずに、表現している。

一方、日本語の「月が輝いていた。」では、
語り手の主体は表現されずに状況の中に埋没してしまい、
状況だけが表現されている。

英語と日本語を比較したそれぞれの特性をまとめると

○英語
・視点が客観的。
・原因と結果を線的に並べる。
・動作主を明確に表現して、因果関係を論理的に表現する。

○日本語
・視点が主観的。
・印象を点的に並べる。
・全体の雰囲気を醸成する表現になる傾向がある。

これらのそれぞれの言語の特性から
英語は「する」言語であり、日本語は「なる」言語であると
評されるのであろう。

日本は明治以来の近代化の過程で欧米語を翻訳することが多くなり、
それまでの日本ではあまり見られなかった
「何が彼女をそうさせたのか」などの無生物主語の文も
欧米語の翻訳の影響で見られるようになり、
また、動作主をはっきりさせ、より客観的論理的な表現も
多く見られるようになったが、それについて
フランス文学者・修辞学者である野内良三氏は次のように
評していて、その引用文を最後に紹介する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
伝来の「自然な」日本語と「人為的な」日本語が並立しているのが
現在の日本語の現状である。
私の見立てでは、「XにはYがある」(ナル)の文型が日本語の基層にあり、
「XがYをする/所有する」(スル)がその上にかぶさっている。
日本人は「思想」は翻訳調の日本語で、「感情」は伝統的な日本語で
器用に対応している。
現在は翻訳調が勢力を増しつつあるけれども、本来の日本語(古典)の良さも
忘れるべきではない。翻訳調の日本語をさらに練磨することと、
忘れられつつある古典を見直すこと、それが現在の日本語に突きつけられた
課題であろう。

野内良三著「偶然」から読み解く日本文化~日本の論理・西洋の論理 P228より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



○このブログ内の関連記事

「春めいたきたなあ」という表現から日本語と英語の基本構造の違いをみる


◎以下2つの記事は、野内良三著「偶然」から読み解く日本文化が関係している記事です。

はかなさの二重性を感じる一句を過去に自分が創作していた・・・ある書物の再読で見た私の書き込みから見出して

川面に浮かぶ都鳥を見て一句、「~や」という句切れを意識して作ってみた・・・・俳句を生み出す日本語の特徴が日本国民を芸術的な国民にしているという


スポンサーサイト




テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3832-4d62e650
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)