言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



阪急百貨店うめだ本店、婦人服の売上げアップに、売り場のカテゴリー分類の再編集あり

今日は、2017年(平成29年) 8月 3日 日曜日


百貨店での衣料品の販売が低迷するなか
阪急百貨店うめだ本店では、2016年3月に
3階と4階を婦人服売り場を改装してから
半年くらい経って、売上げ増加につながりだしたそうだ。
それについて、本店長が次のようにコメントしてる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「阪急うめだ本店」なぜ婦人服が絶好調なのか
(Yahooニュース 東洋経済オンライン 2017年8月3日 6時00分)


 佐藤本店長は「服の好みに年齢は関係ない」と言い切る。
これまで婦人服売り場は、顧客の年齢と商品の価格帯で分類していた。
しかし改装によって、主に商品の嗜好性を軸に売り場を再編成した。
それにより「20代から60代まで年齢を問わずお客様が
来店するようになった」(佐藤本店長)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これを読んだ時、カテゴリーの再編集が
売上げ増加のひとつの要因になったのだなと思った。

これまでは、「価格」と「年齢」のカテゴリーで売り場を
編集していたが、年齢や価格を問わず
「商品の嗜好性」のカテゴリーで再編集しなおしたのだろう。

カテゴリー分類は編集機能のひとつであるが、
商品をどのカテゴリーに分類するかで売上げに差が出た
商品があった。

それは当ブログ記事
甘栗むいちゃいました~言い換えれば・・・・
でも書いたように、カネボウフーズの「甘栗むいちゃいました」である。

カネボウフーズの「甘栗むいちゃいました」が発売される前に
同様の商品を岡山県のあるメーカーが「むき栗」として販売していたが
カネボウフーズの「甘栗むいちゃいました」の方が
「むき栗」の売上げを追い越すのだが、その理由として企業規模以外にも
あったとされる。
「むき栗」は「お惣菜」というカテゴリーで販売されたわけだが、
「甘栗むいちゃいました」は「若い女性向けのお菓子」のカテゴリーで
販売したのであった。そのカテゴリー分類の差も売上げに差が出た
ひとつの要因であったとされている。

これらの事例のように、商品の売り方をどのようなカテゴリーで分類して
編集するかによって売上げに影響が出てくるのである。


スポンサーサイト

テーマ:経営・販売促進など - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3823-43fdc6e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)