言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



鳳仙花の花言葉「私に触れないで」・・・この花の学名、花言葉、この花にまつわるギリシア神話は、実が入った袋などに由来する

今日は、2017年(平成29年) 7月25日 火曜日

近所の家の道端に
鳳仙花(ホウセンカ)が咲いていた。

鳳仙花 20170702_173534

鳳仙花は釣舟草(つりふねそう)科の一年草で、
その学名は「Impatiens balsamina」である。

「balsamina」のスペイン語で「鳳仙花」を意味して、
「Impatiens」はツリフネソウ(ホウセンカ)属を意味するが、

Impatiens(インパチエンス)は、ラテン語の
「impatient(我慢できない・短気)」が語源で、
実が成熟すると、ちょっと触れただけ
種が勢いよくはじけ飛ぶことに由来する。

この植物は、インド近辺から東南アジアが原産とされ、
17世紀ころ日本に渡来したとされる。

和名の「鳳仙花(ホウセンカ)」は中国語を音読みしたもので、
中国で、花の形を中国の伝説の鳥である「鳳凰(ほうおう)」
見立てたことから由来する。


「鳳仙花」の別名に「爪紅(ツマベニ)」は、
この花で赤色の花から女性が爪を赤色に染めるのに用いた
ことに由来する。

この花にはギリシア神話にも登場する。
オリンポスの宮殿である日宴会が催されていた。
その宴会で、来客の神々に贈る黄金のリンゴがひとつ
なくなった。給仕をしていた一人の女神が疑われ、
オリンポスから追放された。
実は、それは、あるいたずら好きの神の仕業であった。

それでも、濡れ衣を着せられオリンポスを追放された
その女神は無実を証明しようと、自分の身体を花に変えた。
鳳仙花の実に触れると袋がすぐに開くのは、
自分は何も持っていない、自分は盗んでいないということを
示すためだとされている。

花言葉の「私に触れないで」は
実が熟すと、パチンとはじけて種を飛ばすことに
由来している。
スポンサーサイト

テーマ:花ことば  - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3821-d11c7b74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)