言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



昭和42年(1967年)7月9日、神戸市や大阪府北摂地方に大水害をもたらした台風育ちの温帯低気圧

今日は、2017年(平成29年) 7月 9日 日曜日

今からちょうど半世紀前の今日の昭和42年(1967年)7月9日
そして、曜日も50年後と同じ、日曜日であった日に、
兵庫県神戸市から大阪府北部の北摂地方で、大水害が発生した。

その大水害をもたらしたのは台風育ちの温帯低気圧であった。

7月になり日本のはるか南方で発生した台風7号は
7月8日の9時に、沖縄の西の海上で熱帯低気圧となった。
その台風から変わった熱帯低気圧が西日本付近に停滞していた
梅雨前線に暖かく湿った空気を送り込み、
また、北からは冷たく乾いた空気が流れ込んみ
梅雨前線の活動がとてもに活発となった。

さて、その台風7号から変わった熱帯低気圧は
7月9日の午前9時には、九州の西方海上で
温帯低気圧となり、梅雨前線と一体化した。

天気図 昭和42年7月9日9時 

昭和42年7月9日午前9時の天気図 
気象庁 昭和42年7月豪雨 より

この天気図の九州西方の「L」という記号があるが、
これが、このもともと台風だった温帯低気圧である。

これがこの日に神戸市から北摂地方に大水害をもたらす
こととなるのである。

7月9日、神戸市では午前中に雨は強く
降り出したが正午過ぎにはいったん小康状態となる。
しかし、瀬戸内海付近に停滞していた梅雨前線に
台風育ちの温帯低気圧が東進して、神戸に近づくにつれ
紀伊水道から伸びる湿舌(湿気の多い気団で、天気図に表したとき舌状に
入り込んだ形になるもの。しばしば集中豪雨の原因となる)が、
六甲山系に流れ込むことによって、神戸市付近に強い雨雲が発達し、
16時以降には雨が激しくなってきた。

神戸 昭和42年7月9日 降水量推移
昭和42年7月9日神戸市 降水量時系列図
気象庁 昭和42年7月豪雨 より

図から見てもわかるように
時間雨量が60ミリ以上が3回あり、
1時間当たりの最高雨量:75.8ミリを観測する
猛烈な豪雨となり、
7月9日だけで、319.4ミリを観測する大雨となった。

神戸市中央区北長狭通8丁目(今の宇治川商店街)付近


道路に濁流が流れ込む神戸市内
神戸市中央区北長狭通8丁目(今の宇治川商店街)付近
神戸市 過去に神戸市で起きた水害(昭和の3大水害) より

この大量の大雨により六甲山を背にする神戸市では、
鉄砲水や土砂崩れが多発した。
中でも現在の新神戸駅北側の市ヶ原では,
長さ150m,幅30m の大規模土砂崩れが発生し、
そこでは、21名が亡くなった。

この日、神戸市を中心に兵庫県では90名以上が
大雨災害で亡くなった。

さて、兵庫県神戸市で大水害をもたらした
台風育ちの温帯低気圧は隣の大阪府でも
猛威を振るった。

大阪府北部の北摂地方でも大雨が降り、
北摂地方の観測所では、1日で255ミリ、
16時からの約6時間の雨量は187ミリを記録、
また、豊中市で時間雨量52ミリを記録した。

この激しい大雨で、
茨木市、箕面市、摂津市など北摂地方で
北摂地方を流れる安威川や箕面川、千里川などで、
氾濫や堤防の決壊や橋の流出や浸水被害が被害が多発して、
浸水約2500戸
死者不明者6名を出した。

この台風育ちの温帯低気圧による大雨は
神戸や北摂だけでなく、長崎県佐世保市や広島県呉市などをはじめ
各地に大雨被害をもたらして、
被害は24府県に及び、死者行方不明者は350名となり、
気象庁は昭和42年7月豪雨と命名した。


スポンサーサイト

テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3818-9c36816a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)