言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



ランタナの花には「心変わり」と「合意」という対照的な意味の花言葉がる・・・哺乳類には毒だが鳥には美味のランタナの実がランタナの繁栄をもたらす

今日は、2017年(平成29年) 6月 4日 日曜日

西宮市今津の自宅近くの
今津西線の歩道を歩いていると、
歩道の植え込みにあるランタナが
初夏の日差しの下で、咲き誇っているのが見えた。

ランタナc 20170527_144010

ランタナc 20170527_144029


ランタナは熊葛(くまつづら)科の常緑小低木で、
北アメリカ~熱帯アメリカ原産で、
日本には幕末の慶応年間に存在していたようである。

ランタナの学名は「Lantana camara」で、
そのうち「Lantana」は、
ラテン語の「曲げる」という意味の
レンタレ(lentare)の名が付いている
別属(ガマズミ属)のヨーロッパ産の種
「Viburnum lantana」(ヴィバーナム・ランタナ)に
その花形などが似ているから付けられたようである。

そして、「camara」は、
「アーチ型の天井」を意味するラテン語に由来しており、
おそらく、この植物の姿が「アーチ型の天井」を
想起させたのだろう。


ランタナは、
1つの花房の中で次々とと花色が変化するので、
「七変化(シチヘンゲ)」という和名が付いている。

さて、このランタナの果実は、
哺乳類には毒だが、毒がある種子を鳥が
食べることがないようにできる機能がある。
これが、ランタナの繁殖を促進させている。

歯のある哺乳類が小さなランタナの実を食べるとき、
毒のある種子を噛み砕いてしまい、中毒になってしまう。
それゆえ、ランタナの危険性を知る哺乳類は
その実を食べることを避けるため
ランタナにとっては種子の破損を防ぐことにつながる。

一方、歯のない鳥は、小さなランタナの実を取って運んできて食べるとき、
実の中のある種を歯がないので、噛み砕かずに、種の周りのおいしい実の
部分だけをついばむこととなり、残った種は
鳥に運ばれた先で落ちてそこで育つこととなる。

このようにして、ランタナは命をつないでいて
繁殖していて、世界中に帰化植物として定着している。
その繁殖力ゆえに、
国際自然保護連合(IUCN)の種の保全委員会が定めた
世界の侵略的外来種ワースト100に選ばれている。


ランタナの花言葉はいろいろあるが、
七変化の和名の由来にもなった花色が徐々に変化することゆえに
「心変わり」という花言葉があるが、
その一方で、小花が半球形に集まって咲く様子から
「合意」という「心変わり」とは対照的な意味がある。

ある意味集まることに合意した花たちは
まとまって心変わりするということか?


スポンサーサイト

テーマ:花ことば  - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3810-0ba37319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)