言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



孤独のランナー(Running On Empty)という1977年のジャクソン・ブラウンの名曲と尾崎豊・・・「孤独のランナー」を聴いたデビュー前の尾崎豊は衝撃を受け、デビューアルバムの曲を作曲する

今日は、2017年(平成29年) 5月14日 日曜日

今回、取り上げたい名曲は、
1977年に発売されたジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)の
Running On Empty(邦題:孤独のランナー)である。

初めて知ったという方は、先に以下リンクのページでその曲を
お聴きなさった後でもお読み下さい。(歌詞付です)

Jackson Browne - Running on Empty w/ lyrics
https://www.youtube.com/watch?v=Vq25ZJwZJzU


1973年生まれの私が初めて
この曲を聴いたのは、今から7年~10年くらい前だろうか
当時の勤務先でいつもFM802を流していて、
この曲が聞えてきて、

初めの歌詞の部分の

♪~Looking out at the road rushing under my wheels~♪

から、軽快なメロディーに乗る「Looking out at~」から
聞き入ってしまった。

発売されてから約30年後に、私は初めて
この名曲を知ったのだった。

この「Running On Empty」は1977年に発売された
ジャクソンブラウン5枚目のアルバム「Running On Empty」に
1番目の曲として収録され、アルバムは全米で約700万枚を
売上げるの大ヒットとなった。

このアルバムは、
ジャクソン・ブラウンの1977年のライブツアーで、
ステージでの演奏をもちろんのこと
楽屋などで収録された曲を収録して、これまで
未発売の曲を収録しているのである。

その1番目の曲として、
ジャクソンブラウンが作詞・作曲した「Running On Empty」が
収録されたのである。

歌詞内容は、当時29歳の
ジャクソン・ブラウン本人がシンガーソングライターとしての
人生を試行錯誤しながら、先行き方向が揺らぎながらも
がむしゃらに走ってきたことの心情を伺える歌詞で、
「空虚な心のまま走り続け」という意味の
Running On Emptyという曲名の邦題に
「孤独のランナー」という訳を考えた方も素晴らしいセンスが
あるなあと思った。

さて、1980年代前半の日本にて、
ある少年がレコード店にて、この「孤独のランナー」のジャケットを見て
気に入って買った。その少年とはシンガーソングライターを目指していた
尾崎豊である。

そして、「Running On Empty(孤独のランナー)」を、
歌詞を見ながら聴いた尾崎豊はとてもこの曲に衝撃を受けたのだ。
それについて、次のようのコメントしているようである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな歌があるのかと、すごいショックだった。
いつも自分は変わり者だ、はぐれものだという意識があったけど、
その歌を聴くことで、自分が救われる気がした。
人生に対して、こんなふうにストレートに歌うことも出来るんだ


Welcome to Seraph Entertainment 尾崎が好きだった曲 より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この曲を聴いて強く影響を受けた尾崎豊はのちに
昭和58年(1983年)に発売される
彼のファーストアルバム「十七歳の地図」に収録される
「街の風景」を作詞作曲したのであった。

さて、尾崎豊の「卒業」という曲の歌詞に

♪~大切なのは何 愛することと生きるためにすることの区別迷った~♪

とあるが、ジャクソンブラウンの「Running On Empty(孤独のランナー)」の

♪~Gotta do what you can just to keep your love alive
  Trying not to confuse it with what you do to survive~♪

(愛を生かし続けるためにやれることはやらないといけない
 ただ、それは、生き抜くためにやることと混同しないようにしないといけない)

という歌詞と似ているなあと思った。
これについては特に情報はありませんが、尾崎豊が衝撃を受けた
「Running On Empty(孤独のランナー)」から感じ取って作詞していても
不思議ではないなあと思う。


Running On Empty(孤独のランナー)

作詞:作曲 Jackson Browne

Looking out at the road rushing under my wheels
Looking back at the years gone by like so many summer fields
In sixty-five I was seventeen and running up one-on-one
I don't know where I'm running now, I'm just running on

タイヤの下を過ぎ行く道をみながら
幾数多の夏の草原のように過ぎ去った年月を振り返り
1965年、俺は17歳で、1対1で向き合って走っていた。
今は何処を走っているかわからないけど、ただ走り続けている

Running on-running on empty
Running on-running blind
Running on-running into the sun
But I'm running behind

 
空虚なまま、走り続け、
あてもないまま、走り続け、
太陽に向って走り続けている。
ただ、誰かの後を走っているんだ。


Gotta do what you can just to keep your love alive
Trying not to confuse it with what you do to survive
In sixty-nine I was twenty-one and I called the road my own
I don't know when that road turned into the road I'm on

愛を生かし続けるためにやれることはやらないといけない
ただ、それは、生き抜くためにやることと混同しないようにしないといけない
1969年、俺が21歳で、己の進むべき道と言えるものがあった。
その道が今の自分が立っている道にいつ変わってしまったのかわからない。

Running on-running on empty
Running on-running blind
Running on-running into the sun
But I'm running behind

 
空虚なまま、走り続け、
あてもないまま、走り続け、
太陽に向って走り続けている。
ただ、誰かの後を走っているんだ。


Everyone I know, everywhere I go
People need some reason to believe
I don't know about anyone but me
If it takes all night, that'll be all right
If I can get you to smile before I leave

俺が知るあらゆる人も、あらゆる場所も
信じる何かの理由が人には必要なんだ
俺以外のことはわからないけど
一晩中かかったって、かまわない
俺が立ち去る前に君に微笑をもたらすことができたならね


Looking out at the road rushing under my wheels
I don't know how to tell you all just how crazy this life feels
I look around for the friends that I used to turn to to pull me through
Looking into their eyes I see them running too

タイヤの下を過ぎ行く道をみながら
この人生がどれほど狂ったものかに思えるか君にどう説明すればいいかわからない。
かつて俺の背中を押してくれた友を探し回ってる。
友たちの目をみると、彼らも走り回っているのがわかる。

Running on-running on empty
Running on-running blind
Running on-running into the sun
But I'm running behind

 
空虚なまま、走り続け、
あてもないまま、走り続け、
太陽に向って走り続けている。
ただ、誰かの後を走っているんだ。

Honey you really tempt me
You know the way you look so kind
I'd love to stick around but I'm running behind
You know I don't even know what I'm hoping to find
Running into the sun but I'm running behind

ハニー、本当に君は俺を魅了するね
君は自分を優しい人と思わせる術をわかっている
君から離れたくないけど、俺は誰かの後を走っているまま
俺さえ何を見つけたいかわかってないのはわかっているだろ。
太陽に向って走り続けている。
ただ、誰かの後を走っているんだ。


最後に、「Running on Empty」のライブバージョンの動画です
Jackson Browne 1977 Running on Empty
https://www.youtube.com/watch?v=ub0OC1fsl1s


このブログ内の関連記事

2007年4月25日の記事
尾崎豊が亡くなってから15年 ~ 現代社会の仕組まれた自由に人々は気づいているのだろうか?


スポンサーサイト

テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3802-b8417b93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)