言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



中島みゆきの名曲「糸」の歌詞から、「みずから(自ら)」の意図と自然の「おのずから(自ずから)」の作用が織り成す人生を思う・・「結婚することになりました」という表現が意味するもの

今日は、2017年(平成29年) 3月19日 日曜日

中島みゆきが作詞・作曲した曲で
「糸」という曲がある。

1番の歌詞で

なぜ めぐり逢うのかを
私たちは なにも知らない
いつ めぐり逢うのかを
私たちは いつも知らない
どこにいたの 生きてきたの
遠い空の下 ふたつの物語

縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かを
暖めうるかもしれない

とある。この歌詞から
ふと、竹内整一の著書

やまと言葉で哲学する
 ~「おのずから」と「みずから」のあわいで~

と思い出した。

日本人が結婚報告する場合の表現で

「結婚します」と言うよりも

「結婚することになりました」

と「~なりました」

と、自分の意図以外の作用が働いて、
そうなったような意味を含むような表現をする。

みずから(自ら)の意図や努力をしながらも
みずからの(自ら)の作用以外の
自然のおのずから(自ずから)の作用が働きにより、
意図したことが達成できなかったり、できたりする。

自らの意図以外の自然の作用が働いくという感性・世界観が
「結婚することになりました」

という「~なりました」に表現されているようである。

そのようなことを
中島みゆきの「糸」の歌詞の

♪~なぜ めぐり逢うのかを
私たちは なにも知らない
いつ めぐり逢うのかを
私たちは いつも知らない~♪

という部分から、自らの意図を超える
自然のおのずからの作用が働き、
出逢いが生じ、結ばれたりするということが
重なるのである。

みずから(自ら)の意図(糸)と
自然のおのずからの(自ずから)の作用という糸が
結び合って、人生のその時々の出来事が
織り成されていると思うのである。

中島みゆき「糸」
https://www.youtube.com/watch?v=haubodw4lVg


このブログ内の関連記事

このブログ内の関連記事

「出会い」と「出逢い」

スマホゲームのガチャ課金に表現される日本社会の伝統思考である「偶然性の受容」



スポンサーサイト

テーマ:哲学/思想 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3791-b9aa4949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)