言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



卒業式の定番曲「蛍の光」は、和洋中折衷の歌である。

今日は、2017年(平成29年) 3月12日 日曜日

卒業式の定番曲になっている「蛍の光」
もともと、イギリスのスコットランドの民謡である
Auld Lang Syne (オールド・ラング・ザイン)という曲に
東京師範学校教員であった稲垣千穎(いながき ちかい)が
文部省所属の音楽教育機関である音楽取調掛として、
作詞したとされる。

ほたるのひかり、まどのゆき、
ふみよむつきひ、かさねつゝ、
いつしかとしも、すぎのとを、
あけてぞけさは、わかれゆく。


歌詞の形式は、平安時代から続く
七五調四節の今様の形式となっている。

さて、1番の歌詞を漢字交じりで見ると

蛍の光、窓の雪、
書読む月日、重ねつゝ、
何時しか年も、すぎの戸を、
開けてぞ今朝は、別れ行く


という内容であるが、
曲名と歌詞の内容は、
悪条件の環境の中でも一途の学問を成し遂げたことを
意味する中国の故事「蛍雪の功」に由来する。

蛍雪の功の由来する人物は2名いる。

一人目は、4世紀ごろの中国の東晋末期の政治家であった
車胤(しゃ いん)。
彼の家は貧しく、灯りをともすための油も欠き、
夏の夜に袋に数十匹の蛍を集め、その光で書物を照らして
勉学に励んだと言われる。

もう一人は、車胤と同時代ごろに活躍した官僚であった
孫康(そん こう)。
彼の家も貧しく、灯りをともすための油も欠き、
冬には、窓から注ぐ
積雪が反射する月光で書物を読んだとされる。

そのような、蛍雪の功の逸話に沿った内容の
今様形式の歌詞には、
「掛詞」と「係り結び」がある。

何時しか年も、すぎの戸を
開けてぞ今朝は

の「すぎ」には

「年が過ぎる」と
「杉の戸」が掛詞となっている。

また、「開けて」には

「杉の戸を開ける」と
「年が明ける」が掛詞となっている。

そして、

開けてぞ今朝は、別れ行く

には、係り結びの文法になっている。

「開けてぞ」

の「ぞ」が「別れ行く」の
「行く」を連体形にして、
何か強い決意を表したような
強調する係り結びになっている。

さて、「蛍の光」の原曲は
イギリスのスコットランド民謡の
Auld Lang Syne (オールド・ラング・ザイン)という
作曲者が不明の「遠い昔」という意味の曲名の曲であるが、
18世紀には、スコットランドの詩人であった
ロバート・バーンズが
懐かしき旧友との再会を祝杯する内容の歌詞を付けた。
この曲は、スコットランドでは準国歌扱いされているという。

卒業式の定番曲になっている「蛍の光」は
スコットランドという「西洋」由来のメロディをベースに、
蛍雪の功という「中国」の故事をベースにした歌詞に、
そして、今様形式や掛詞や係り結びという「和」の要素という
「和洋中折衷」の曲だと言えるだろう。


平原綾香 「蛍の光」 「Auld Lang Syne」
https://www.youtube.com/watch?v=T_srayBoLko
スポンサーサイト

テーマ:発想法・編集法 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3790-ac38b5e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)