言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



生真面目さによる 視野狭窄が招いた悲劇的な事故かもしれない・・・埼玉県、トラック衝突巻き添えで母親が死亡した事故から思うこと

今日は、2017年(平成29年) 2月12日 日曜日

これは生真面目さによる視野狭窄が招いた
悲劇的な事故ではなかろうか?被害者にとっても
意図せず加害者になってしまった運転手にとっても。

それは、埼玉県で発生したトラック衝突事故の
巻き添えで母子のうち母親が死亡した事故である。

事故を起こしてしまった28歳のアルバイトの男性は
業務でいつも利用している道が交通渋滞になってしまったので、
初めて利用する迂回路をスマホのナビを見ながら運転していたら
赤信号を見落として、他のトラックと衝突して、
衝突したはずみで歩道を歩いていて母親を死亡させてしまった。


もしかしら、事故を起こしてしまった運転手は、
いつもの道が渋滞になってしまって、
時間通り業務をこなさなくてはいけない、
業務を滞らせてはいけないという

勤務する会社の業務遂行に忠実であろうと
生真面目さに故に、迂回路の初めて使う道を通って
行こうとしたのかもしれない。
滞らせずに業務の遂行を果たすという
生真面目さ故に視野が狭くなり
安全運行・前方注意という意識の欠落を
招いてしまったのかもしれない。

その渋滞が発生していなければ、
被害者も加害者も不幸な事態になっていなかっただろう。

いや、渋滞が発生していたとしても、
運転手やまたその会社のカルチャーに
「渋滞につかまってしまって、仕事遅れてもうたら
仕方ないわ。あははははは」という
おおらかさが普段からあれば、
このような不幸な事故は発生していなかったかもしれない。

スポンサーサイト

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3785-134e42ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)