言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



学校がそんなに絶対的なところなのか?権力は個人の幸福追求をそんなに妨害したいのか?「アイドル活動の娘を中学校に通わせず 母親を書類送検」というニュースより、近代自由思想の「愚行権」と日本国憲法第13条を思う

今日は、2017年(平成29年) 1月20日 金曜日

学校がそんなに絶対的なところなのか?
これは権力の横暴ではないか?
権力は個人の幸福追求をそんなに妨害したいのか?

と思ったニュースがあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アイドル活動の娘を中学校に通わせず 母親を書類送検
(NHKニュース 2017年1月18日 16時28分)

アイドル活動をしている娘を中学校に通わせず、教育委員会の指導にも応じなかったとして、
44歳の母親が学校教育法違反の疑いで書類送検されました。
母親は「芸能活動を優先させてやりたかった」と話しているということです。

(中略)

娘はライブやインターネットへの動画の投稿などでアイドル活動をしていて、
母親は「娘が学校に行きたくないと言うので、芸能活動を優先させてやりたかった」と
話しているということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私はこの母親はとても立派だと思う一方で、
教育委員会と警察の杓子定規ぶりというか、
特に教育委員会の自らの不登校の生徒に学校の魅力を
示すことが出来ないという無能を反省せず、
警察検察の権力を使って
母親を犯罪者にしようとする強権的な振る舞いに
驕りを感じ腹が立った。

このアイドル活動に夢中の女子生徒を無理やり学校に行かせても
つまらなく感じる授業に居眠りをするか
授業中におしゃべりをして授業の妨害をすることになりそうだ。
また、同じ不登校状態の生徒でも、
家でひきこもって自らの可能性を閉じ込めているよりは
自分の可能性を開こうとしてアイドル活動という場に
生きがいを感じて活発に活動している方がよほど健全だと思う。
そんなことも教育委員会の頭の固い役人気質のどうしようもない
輩には考えつかなかったのだろう。

そして、義務教育を15歳までに終わらせるということは
絶対的なのか?
その年齢に時に、中学校に行きたくないと思っても、
20歳を超えて、義務教育を受けることができるような
夜間中学のような仕組みを作ればいいじゃないかと思ったりする。

今回のニュース報道を読むと、
この中学生の母親が学校に無理やりいやがって行かせるよりも
アイドル活動で活き活きしている方が幸せに見えたのではなかろうか?

そのような幸せに見える娘の振る舞いを理解しようとした
母親を犯罪者にしてしまおうとする国家権力のなんと恐ろしいことよ。

権力の濫用を阻止して国民の権利を守るために憲法なるものがあるが、


日本国憲法第13条に

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する
国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、
立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とある。公共の福祉に反しない限りというのは、他人の人権を侵害しないという
意味だ。

ただ学校に行かないというだけで、嫌いな学校よりも
生きがいを感じるアイドル活動をする娘とその娘を理解して学校に
無理に行かせようとしなかった母親の行動が誰かの人権を侵害したり
しているのだろうか?

学校に行くことに幸福を見出せず、学校に行くことよりも
アイドル活動に生きがいを感じている娘とそれを理解する母親は
その親子なりの幸せのかたちを試行錯誤して追い求めていたのではないか?

つまり、この親子にとっては、学校に無理しても通うことに
幸福追求の価値を見出せなかったということかもしれない。

それなのに、学校に行くことに幸福追求の価値や魅力があることを示せないという
教育委員会が自らのその無能さを省みず、警察権力と使って
その母親を犯罪者に仕立て上げようとするのはなにごとか!!!
けしからん!!!
このニュースを読んだ時、怒り沸騰したわ!

まあ、この親子の振る舞いを愚かだと思う人もいるだろう。
そのように思うのも人それぞれで自由であるが、
愚かな行いをするのも他人の権利を侵害しない限りは良いという
「愚行権」という概念を提示したのが、
イギリスの哲学者ジョン・スチュアート・ミル(1806年~1873年)である。
彼が1859年に発表した「自由論」の中で、「愚行権」が提唱されている。

この「愚行権」の思想と同様のものとして
日本国憲法第13条の幸福追求権があるのだ。

この愚行権は、近代国家の憲法の本義の、
政府の権力濫用を防ぐことで
国民の基本的人権を守るという意味でも
重要な概念だと思っているが、
そのような観点からも、
不登校でアイドル活動をしていた娘に理解を示した母親を
罰金という財産権の侵害という基本的人権を侵害する
可能性がある刑事告発をした教育委員会の輩は
近代自由思想の教養のかけらもない野蛮人だと思った。


このブログ内の関連記事

ホテルで乱交パーティをした自衛官夫婦を公然わいせつで逮捕したことは憲法違反で、重大な人権侵害である・・・イギリスの哲学者ジョン・スチュアート・ミルの「愚行権」をマスコミ関係者はどれだけ知っているのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3781-446dd31c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)