言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



福島県沖の津波を伴う大地震・・・沖合いの津波観測情報はすぐに速報できる仕組みを・・・ちなみに2時間半前に前震が発生していた

今日は、2016年(平成28年)11月23日 水曜日

昨日、6時00分始発の
西宮北口駅から出る電車に乗った。
6時になり、西宮北口を出発したばかりの時、
私が耳にしていたポケットラジオの
6時のNHKをニュースが始まるとすぐに
緊急地震速報の音が聞こえた。
福島県沖が震源という。

ただ、すぐ速報で、地震発生が5時56分とあったが、
その時刻を聞いて、
えっ!それじゃあ4分過ぎているのに
緊急地震速報意味なしと思ったが、
その時刻速報は誤報だったと思われる。

緊急地震速報から1分程して、
福島県で震度5弱の速報が伝えられた。

そして、緊急地震速報から2分程して、
福島県沿岸に津波警報が発令されたことが
速報された。

そして、緊急警報放送の
あの

ピロピロピロピロピロピロピロピロピロピロピロピロピロピロピロ~!

の警報音が伝わる。

マグニチュードは7.3と速報される。

その値を聞いて、津波があるとすれば
1m台かなと思い、
NHKのアナが
「東日本大震災を思い出して下さい」と
伝えていたが、大げさかなと思ったりもしたが、
東日本大震災をもたらした
東北地方太平洋沖地震が発生した時、
マグニチュードの数値が
当初7.9の速報値が1時間以上して、8.4に
さらに2時間半以上して、8.8に修正され、
2日後に9.0に修正されたことがあったこともあり
まあ、大げさ程度がいいかなと思ったりした。

昭和58年(1983年)5月26日に発生した
日本海中部地震は大津波で死者100名を出したが、
その地震のマグニチュードは7.7だったので、
マグニチュードが修正され7.5以上になってくると
大津波発生があるかもしれないなと思った。

その後、ポケットラジオで
地震津波情報を聴き続けていると
6時30分を過ぎたころだっただろうか。

6時06分に福島県いわき市沖20kmで
津波が観測されたという情報が伝えられた。

その観測から30分程経った後での情報というのは
遅いなあと思った。
沖合いの津波観測情報は沿岸に津波が来ることが
確実視される。

東北地方太平洋沖地震の時、
岩手県釜石市の約20kmに設置されていた
GPS波浪計で、6.7mの潮位変動が観測されてから
5分から10分ほどして、釜石市に巨大津波が来襲したが、
それを思うと、沖合いで大規模な潮位変動が観測されれば
遅くとも3分以内にマスコミだけでなく
近隣自治体の防災放送で伝えられる仕組みが必須だと思う。
ちなみに沖合いで6.7mも潮位変動したら
近くの沿岸には、10m以上の大津波が予想される。

その後、津波注意報の範囲が伊豆諸島まで拡大され
伊豆諸島でも30cmの津波が観測された。

30cmでも、もし夏に海水浴などで
海水に浸かっていたら、強い潮流で沖に流されてしまう
恐れがある。

もし、海水浴をしている時、
すぐにその場が津波情報対象外であっても
近くの場所まで津波情報が発表されていたら
海から上がった方が良い。

昨日の地震で、その後もラジオで情報を聴き続けていると
7時30分過ぎから、
宮城県で津波が80cm観測されるところが複数あり、
宮城県にも津波警報が拡大されるのではないかなと思っていたら
8時を過ぎてから宮城県にも津波警報が発令された。

仙台港で1.4mを観測した。
震源は福島県沖であったが、福島県よりも
隣の宮城県の方が高い津波を観測したが、
その原因として、考えられるのは、
まず1つは断層のずれの面の方角である。

断層のずれが、福島県沿岸よりも宮城県方面に
より高い津波をもたらす断層面のずれがあったのでは
ないかと考えられている。

また、もうひとつの原因として、
地形である。
仙台湾という湾の形になっていているが、
津波は湾奥になるほど、津波が集積されて
高くなる傾向がある。

昨日の福島県沖のマグにチューード7.4の大地震の
震源地の緯度と経度は

北緯37.3度、東経141.6度であったり、
その地震発生時刻は午前5時59分であるが、

その約2時間半前の午前3時25分に
同じ、北緯37.3度、東経141.6度を震源とする
マグニチュード4.6の地震があった。

つまり、大地震が発生する前に前震が発生していたのだ。

マグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震が発生する2日前に
マグニチュード7.3の前震が発生していたが、
その地震がより大きな地震の前震であるとわかるのは
その本震が発生しないとわからないものである。

You Tube
NHK 2016年11月22日の緊急地震速報直後の報道

スポンサーサイト

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3769-6b004d6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)