言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



地震の震度の強い地域の広がる方向は、活断層が動いた方角と活断層の傾きの方角に関係しているようである

今日は、2016年(平成28年)11月20日 日曜日

昨日、16時30分過ぎに
西宮市の自宅に戻り部屋に入ると、
朝、出かけるまえにオフをするのを忘れた
PCの画面を見ると、
Signal Now Express の
かえるくんがトレードマークの
緊急地震速報が表示されいる状態になっていた。

和歌山県南部を震源とするM(マグニチュード)5.5を
想定した地震であり、兵庫県への推定震度が2と表示
されていた。

気象庁の地震情報のページを見てみると、
11時48分に和歌山県南部を震源とする
M5.4の地震があり、和歌山県などをはじめ
最大震度4の地震で、私がその時にいた西宮市では
震度2が観測されていた。

私はそのころ西宮市の屋内施設で身体を動かす動作を
していて、まったく地震を感じなかったので、
16時30分ごろに自宅に戻って
PCにその時の緊急地震速報の画面がそのまま
残っていたのを見て知ったぐらいであった。


さて、今回の地震の震源は
和歌山県田辺市の中辺路町付近のようで、
震源の深さは約60kmだった。

震度分布で興味深かったのが
最大震度4の箇所が震源地の和歌山県で
多く見られれるのは普通であるが、
それが、奈良盆地付近に点在していることであった。

震度マップ 和歌山南部震源M5.4s 20161119115213495-191148
図は気象庁より

奈良盆地の方角は、
震源地から北北東である。

もしかしたら今回の地震が、
震源地から北北東方向へ活断層が
ずれたのかもしれない。

ふと、思い出したが、
平成23年(2011年)7月5日に
和歌山県中部を震源とする最大震度5の
地震であった。

このときは、震度4の観測地点が
震源から延長している方角は
昨日とは違い、
西北西方向で徳島県や香川県で
震度4を観測されていた。
その時は奈良県では震度4は観測されて
いなかった。


昨日の地震もその5年間の地震も
震源域方向のマップを見ていたりも
していないのでわからないが、
もし、私の推測が当たっているとしたら、
同じ県内で震源が近い地震であっても
断層がずれる方角により
強い震度がより遠くの発生する地点も
違ってくるのかもしれない。

ただ、そうとも言い切れない地震もあるようである。

それは、和歌山県北部の紀ノ川沿いを東西に連なる
中央構造線と呼ばれる大活断層を震源とする地震の場合である。

専門家の予想によると、
震源は和歌山県の紀ノ川沿いで
M7.6~7.7の大地震が発生すれば
その周辺で最大震度7になり、
さらに活断層が北方向の大阪府よりに傾いているため
和歌山県方向よりも大阪府方向に強い揺れが広がると推測され、
兵庫県の神戸市から尼崎市の湾岸地域と大阪平野の大部分が
震度6以上の強い揺れになると推測されているのである。

活断層の傾きの方向が地震のより強い揺れが広がる
方向に影響するようである。

地震が発生したら、活断層が動いた方角
そして、その活断層の傾きの方角により
地震の被害の大きさの差をもたらしそうである。


このブログ内の関連記事

近畿中心部(大阪・神戸・和歌山市)での大活断層中央構造線による大地震発生確率は高い方である・・・秀吉の時代に、たった5日の間に、九州・四国・近畿で大地震を連発させたと言われる中央構造線という大活断層

2011年7月6日の記事
和歌山県で震度5強の地震で、四国でも震度4があるかもしれないという予想
スポンサーサイト

テーマ:地震・天災・自然災害 - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3768-5f0ad00b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)