言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



風に吹かれて(Blowing In The Wind)・・・どれだけ道を歩いたら一人の人間として認められるのか?・・ボブ・ディランは、この名曲を100年前のある曲を元ネタにして、10分で書き上げた!

今日は、2016年(平成28年)10月16日 日曜日

今年(2016年)のノーベル文学賞を
アメリカのシンガーソングライターのボブ・ディラン(Bob Dylan)が受賞した。

彼の代表曲とも言える
「風に吹かれて(Blowing In The Wind)」を私が初めて
知ったのは、私が中学1年生の時の昭和61年(1986年)
であった。
それは、ボブ・ディランのオリジナルではなく、
その年、桑田佳祐が期間限定で活動してた
Kuwata Bandとして出演した
夜のヒットスタジオデラックスで、
ボブ・ディランの「風に吹かれて」を
ハードロック風にアレンジして歌っていた時である。

その後、オリジナルの曲を耳にしたのは
田中義剛のオールナイトニッポンのエンディングソングとして
「風に吹かれて」を放送していた時である。

「風に吹かれて(Blowing In The Wind)」を
ボブ・ディランが作詞・作曲したのは彼が21歳の時の
1962年であった。

当時、アメリカで黒人への人種差別撤廃と
憲法で保障された権利を求める公民権運動が展開されていた。

1962年のある日、ボブ・ディラン達は
その公民権運動などについて議論をしていたが、
議論が煮詰まり、答えが得られず徒労感に覆われた。

その時に、ボブ・ディランが、10分で書き上げて
作ったのが「風に吹かれて(Blowing In The Wind)」である。

このに曲は、元ネタとも言える様な曲があった。
奴隷解放宣言直後の1865年ごろに作曲された
「No More Auction Block」という曲である。

直訳すれば、「セリの台に立たせないでくれ」であるが、
黒人が奴隷としてセリの台に立たされ売られていた時代を
背景に作られた曲である。

「No More Auction Block」を耳にすると
「風に吹かれて(Blowing In The Wind)」にメロディラインは
よく似ている。
そう、ボブ・ディランはその「No More Auction Block」をベースに
メロディ作り、言葉を落とし込んだのであった。

歌詞の冒頭で、

How many roads must a man walk down
Before you call him a man?

どれだけ道を歩いたら
一人の人間として認められるのか?


とある。
まさに、
人間としての基本的人権が侵害されていた
当時の黒人たちの状況をうかがわせるものである。

この曲が有名になったきっかけは、
フォークグループの
ピーター・ポール&マリー(Peter, Paul and Mary)が
カバーしたことである。

ピーター・ポール&マリーも公民権運動に積極的に
関与していた。

ピーター・ポール&マリーのカバーにより、
この曲は広まり、その作者のボブ・ディランの
名は広まった。

そして、
「風に吹かれて(Blowing In The Wind)」は、
公民権運動の賛歌として多くの人々に歌われた。

そして、1960年代後半にアメリカによる
ベトナム戦争に対する反戦運動において、
反戦歌としても歌われたりした。


歌詞に、

How many times must the cannon balls fly
Before they're forever banned?

どれだけの弾丸が飛び交えば、
永久に禁止されるのか?

How many deaths will it take till he knows
That too many people have died

どれだけ数多の人たちが亡くなれば、
余りにも多くの人々が死んでしまったと
わかるのか?


と、反戦歌にも用いられそうな歌詞の内容である。

ボブ・ディランは、この「風に吹かれて」について
「歌われるために作った歌だ」と語っていたそうである。

まさに、彼の狙い通りに、
公民権運動やベトナム反戦運動などで
多くの人たちに歌われる名曲となった。

そして、「風に吹かれて」が歌われた
公民権運動やベトナム反戦運動は
超大国アメリカの政治や社会に大きな影響を及ぼす
こととなった。


「風に吹かれて(Blowing In The Wind)」 歌詞前文

How many roads must a man walk down
Before you call him a man?

どれだけ道を歩いたら
一人の人間として認められるのか?

How many seas must a white dove sail
Before she sleeps in the sand?

いくつの海を飛び越えたら
白い鳩は砂浜の上で安らげるのか?

How many times must the cannon balls fly
Before they're forever banned?

どれだけの弾丸が飛び交えば、
永久に禁止されるのか?

The answer, my friend, is blowin' in the wind
The answer is blowin' in the wind

友よ、答えは風の中に舞っている
答えは風の中に舞っている


How many years can a mountain exist
Before it's washed to the sea?

山は海に流されるまで
何年存在できるの?

How many years can some people exist
Before they're allowed to be free?

人々は何年経てば人々は
自由の身になれるのか?

How many times can a man turn his head,
And pretend that he just doesn't see?

人はどれぐらい顔を背けながら、
見ないふりをしていくのか?

The answer, my friend, is blowin' in the wind
The answer is blowin' in the wind

友よ、答えは風の中に舞っている
答えは風の中に舞っている


How many times must a man look up
Before he can see the sky?

人はどれくらい見上げれば
青い空が見えるのか?

How many ears must one man have
Before he can hear people cry?

どれだけ多くの耳を持てば
人々の悲しみの泣き声が聞こえるのか

How many deaths will it take till he knows
That too many people have died

どれだけ数多の人たちが亡くなれば、
余りにも多くの人々が死んでしまったと
わかるのか?

The answer, my friend, is blowin' in the wind
The answer is blowin' in the wind

友よ、答えは風の中に舞っている
答えは風の中に舞っている



「風に吹かれて」(Blowing In The Wind)by ボブ・ディラン
https://www.youtube.com/watch?v=vWwgrjjIMXA

ピーター・ポール&マリー(PPM)/風に吹かれて
https://www.youtube.com/watch?v=KtdZ-3nlfCQ&feature=youtu.be


Odetta - No More Auction Block For Me
https://www.youtube.com/watch?v=SfbpsmbxE2c&feature=youtu.be



このブログ内の関連記事
「San Francisco 」(花のサンフランシスコ)というスコットマッケンジーのこの名曲は、1967年、ベトナム戦争下のアメリカにおいて、「武器より花を」のスローガンのヒッピー・ムーブメントのなかで生まれた
スポンサーサイト

テーマ:今日の1曲 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3761-1cb62f5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)