言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



たんごむしはどうして汗をかかないの?・・・子供の不思議さを感じる力の素晴らしさを夏休み子ども科学電話相談を聴いて思う

今日は、2016年(平成28年)7月 24日 日曜日

夏休み期間、
NHKラジオでは、朝の8時05分の午前中、
夏休み子ども科学電話相談を放送している。

昭和59年(1984年)から30年以上放送しているが、
今年も7月21日から始まった。

私は、その日、最初の30分ほど聴いていたが、
最初の質問は、小学1年生の女の子からの質問で、

「どうして、だんごむしは汗をかかないの?」

とあった。

おおこれは、いい質問だなあと思った。
私はこのごろ職場でよく
だんごむしをみかけるが、全くそんなことを
疑問に感じることはなかった。

現在、43歳の私であるが、
日々の当たり前の日常で、当たり前のことに
疑問に感じり、不思議に感じたり感覚は小さくなるが、
そのような不思議を感じる力と
日常を当たり前を新鮮に感じる力が子供には、
あるのだなと思ったのであった。

その質問に答えたのは、
昆虫学者の矢島稔(やじま みのる)氏である。

矢島氏も「いい質問だね」と言っていた。

虫には、空気を出し入れする気門という穴があって、
そこから体で中で熱くなった空気を出したりしているのだよ。

という主旨の回答をしていた。


矢島氏は、この番組が始まった
昭和59年(1984年)から出演していたが、
この日が、この番組出演の最終回であった。

矢島氏は、専門の昆虫のことで、
ふだん気づいていないこと、
子供たちが質問してきて、
もっと勉強しないといけないと思って、
鍛えられたという。


このブログ内の関連記事


2012年8月31日の記事
夏休み子ども科学電話相談最終日・・・人類が培った知を引き継ぐ子どもたちがその次世代に伝えていきながら、新たな発見をしていくのだろう


2012年7月31日の記事
子供が不思議に思うことに答えて、次世代に知を伝える・・・・夏休み子ども科学電話相談を聞きながら
スポンサーサイト

テーマ:発想法・編集法 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3744-ebeb9fec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)