言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



オバマ大統領が広島で演説しても、核兵器は無くならないだろう・・・MAD(狂った)平和の中で、核兵器あれども使用せずが続けられるか

今日は、2016年(平成28年)5月29日 日曜日

一昨日、オバマアメリカ合衆国大統領が、
アメリカの現職大統領が、原子爆弾が投下された
広島市を訪問して、演説を行った。

私はその17分の演説をバスや徒歩で移動中に
ポケットラジオで聴いていた。

まあ、文明や科学など普遍性をもった内容に
しているなあと感じた。
核廃絶にむけたことを語っていたが、
私が思うに、
核廃絶は、人類が滅亡するまでないじゃないかと
もしかしたら、核戦争で人類衰退していたりして
と思ったりする。

まず、核大国は核抑止理論に基づき、
そう簡単には核兵器は手放さないだろう。

核抑止理論で、
相互確証破壊(MAD=Mutual Assured Destruction)
という考え方がある。

どちらかの対立国が核兵器の先制攻撃使用しても、
先に核兵器を国にたいして、報復の核攻撃で破壊できる
だけの核兵器を保有することで、
互いに核兵器の報復攻撃で破壊できる状態で
共倒れになることを避けようとして、
核戦争を抑止する考え方である。

それは、恐怖の均衡で平和を保つということであるが、
相互確証破壊の英語の頭文字をとって
MAD=狂った考え方とも揶揄されたりする。

米ソ冷戦が終わった現在も
米ロの核大国の間では、核抑止理論に基づいて
核戦力のバランスを保とうとしている。

クリミア危機で、ロシアがクリミアを電撃併合したとき、
プーチン大統領が「核戦力を臨戦態勢に置く用意があった」と
発言して、核の力を背景にアメリカの圧力を跳ね返そうという
意図が感じらられた。そう思うと、核大国が
核兵器をそう簡単には手放さないだろうと想像する。

もし、仮に、核大国が核兵器を廃棄したとしても、
一度、核兵器の作り方を知った人類が、
力の優位を保とうとして、核兵器を再び製造しようと
するだろうと思う。


そう思うと、人類が滅びない限り、核兵器が
無くならないだろうと思ったりする。

広島と長崎に原子爆弾が投下されて以来、
1962年のキューバ危機で核戦争の危機があったりもしたが、
71年近く、世界で核兵器は使用されていない。

いざ、核兵器を用いた戦争が勃発すればどうなるか
ヒロシマとナガサキの惨劇の教訓が
核大国の政治指導者に理解されていたことがあったかもしれない。


核兵器はなくならない。
ただ、いざ、使用すればどのような惨劇がもたらされるか
ヒロシマとナガサキの歴史が共有されることで、
核兵器使用を思いとどめ、核兵器を保有すれども使用せずの
状況が続けられるかどうかだろう。


このブログ内の関連記事

黄金の日曜日(1962年10月28日) ~ 13DAYS・キューバ危機が回避された日
スポンサーサイト

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3731-9eddd77e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)