言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



生徒に暴行して傷害を起こした教師への処分は3ヶ月の停職処分で済まして、それより刑罰が軽い男子生徒と性行為をした女性教師に対して「免職」というのはおかしい・・・「傷害」という犯罪行為を「体罰」という表現にすりかえるな!!

今日は、2016年(平成28年)4月 28日 木曜日

ある中学校の教諭による生徒への暴力傷害事件の報道を見て、
「停職」ではなく、「免職」するべきで、
また「体罰」という表現で、「傷害罪」という明確な犯罪行為を
認識させないような表現は使うなと思えることがあった。

それは、このニュースだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

部活動で体罰 顧問教諭ら懲戒処分 大阪市
(読売テレビ 2016年4月27日 12時00分)

大阪市立中学校の男性教諭が、部活動で部員に日常的に体罰を加えて
いたことがわかった。
大阪市教育委員会によると、市立本庄中学校のソフトボール部顧問の
男性教諭は今年2月、試合でミスをした女子部員に審判用のマスクを投げつけ、
後頭部を4針縫うけがをさせた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

刑法204条にはこう書かれている

人の身体を傷害した者は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

傷害罪が成立するためには、

傷害を負わせたこと
故意に(わざと)暴行したこと

とある。
この教師は、故意にマスクを被害者に投げつけ、
けがを負わせていて、これは明白な傷害罪にあたる行為である。

この教師は日常的に暴力行為を行っていて、
その理由として、「部を強くしたいと思ってやってしまった。」
とあるが、これはよく、親が子供に躾と称して虐待を日常的に
行っているのことと同じことで、
その場合は、警察沙汰になって、親が逮捕身柄拘束されるような
事件になるが、教師による生徒に対する暴力事件で、
警察が暴力教師を身柄拘束するようなことはなく、
何か学校だけが変な治外法権のような国に日本がなっているのでは
とつくづく思うのである。

さて、このソフトボール部の顧問の暴力教師に対して、
停職3ヶ月の処分を大阪市教育委員会が下したというが、
次の事案に比べて、処分が甘すぎると思った。

その事案とは次のことである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「いけない行為認識」男子生徒と車内でわいせつ 県立高女性教諭を懲戒免職 兵庫
(産経新聞 2016年4月26日 17時41分)


 兵庫県教育委員会は26日、教え子の男子生徒とわいせつな行為をしたとして、
県立高の30代の女性教諭を懲戒免職処分にした。

生活相談…次第に恋愛感情が芽生え

 県教委によると、女性教諭は男子生徒から学校生活の相談を受けるうちに
恋愛感情が芽生え、昨年11月~今年3月、校外の駐車場に止めた車内で、
わいせつな行為を計4回した。

 県教委の調査に「いけない行為と認識はしていたが、
恋愛感情がありやめられなかった」という趣旨の説明をしているという。

今年3月、車内にいたところを巡回中の警察官から職務質問を受けて発覚。
兵庫県警が県青少年愛護条例違反容疑で、任意で事情を聴いている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ということだが、
兵庫県の青少年愛護条例での未成年に対するわいせつ行為での罰則は

1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する


最大懲役1年以下の刑事罰のある未成年とセックスした女性教師には
懲戒免職というのは処分が下されているのに、
懲役15年と重い罰則がある傷害罪に相当する傷害事件を
生徒に対し起こした暴力教師への処分はたった3ヶ月の停職で
済ませるというのには、処分に対しておかしなものを感じるし、
教育委員会で、暗黙で、教師の生徒に対する体罰はやむをえないと
深層心理で思っているのではないかと感じざるをえない。

追記

どうでもいいけど、男子生徒とセックスをした女性教師が
美人教師だったら、男子生徒に対して、

裏山鹿!!!!!

と思ってしまう。
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3726-480d0774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)