言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



たった50円、たった100円、されど重みを感じる50円と100円・・・碓氷バイパスでのスキーバス転落事故から思うこと

今日は、2016年(平成28年)1月 17日 日曜日

一昨日、長野県軽井沢町で
スキーバスが転落して14名が死亡した事故について、
本来、事故現場の碓氷(うすい)バイパスは予定のコースではなく、
予定通りに併走する高速道路を通行していれば、
このような大事故が発生していなかったのかもしれない
と思われている。

さて、どうして、事故を起こしたバスは
予定コースではない事故現場の
一般道の碓氷バイパスを通行したのか?

それには夜行バスでの高速道路の使用料金の
上限を3000円にするという決まりが背景にあったのでは
ないかと推察されたりもしている。

予定では、長野県の目的に向かって
東京を出発した夜行スキーバスは
関越道の埼玉県の東松山で、関越道を下車する
予定で、その後、いったん、一般道を通過した後、
碓氷バイパスに併走する上信越自動車道という
高速道路を使用する予定になっていたが、
どのような事情があったのかわからないが
群馬県の藤岡で関越道を降りて、
そして、一般道の碓氷バイパスを通行して、
事故が発生した。

ここからに関して、
事故当日の夜に放送された
報道ステーションのコメンテーターの
藻谷浩介氏は次のような発言をしていた。

関越道を予定の東松山で降りず藤岡で降りると
1840円余計に関越道の通行で使ってしまった。

その帳尻を合わすために
碓氷バイパスに併走する上信越自動車道を使わず、
一般道の碓氷バイパスを使ったとする。

もし、そうであったとしても
乗客の40名で割ると一人当たり50円を余分に
求めるに過ぎない。

また、もし東京から目的地の長野のスキー場まで
全工程を高速道路を使ったとしても、余分に4000円かかるだけで
乗客一人当たり100円を余分に求めるに過ぎない。

少しでも低価格の商品を企業側が提供しようとして、
50円でも100円でも価格低い旅行ツアーを求めた消費者の
ニーズがあった結果、14名の命が途絶えることに
なったとしたら。

ある意味、たった50円と100円安いことに少しでも
お得感を感じたために人生を終えることに直結してしまうような
現在の経済社会のありかたが本当に良いのかと思えるし、
一方で、たった50年と100円の重みを感じるのである。
スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3700-693620d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)