言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



食料品の消費税の軽減税率でマスコミは大騒ぎしているが、日本は財政危機ではなく増税不要と考える私からすると、馬鹿騒ぎに思える・・・・金余りで、生産供給力過剰の現在の日本で財政破綻危機はありえない

今日は、2015年(平成27年)12月 13日 日曜日

再来年4月の消費税増税にあたり、
外食を除く食料品を8%のまま維持するという
(これを軽減税率と言っている)
ことが連立与党が合意したという
ニュースが報道されていたが、
日本は本当は財政危機ではないということを
10年以上主張している私からすれば、
なんだかなあと思う。

もし、日本が本当に財政危機の状態なら
金利が大きく高騰して、
かつ、紙幣が生産力以上にばら撒かれ大幅な
物価上昇になっているはずであるが、
そうはなっていない。

日本の国債の長期金利は
12月10日現在で、0.305%と
歴史的な低金利状態が続いている状況である。

ちなみに財政危機で大騒ぎになった
ギリシア国債の金利は、今年の夏には
18%となった。

そのようなギリシア国債の金利に比べてみれば
日本国債の長期金利がとてもとても低い状態
になっているのを見ると、全く財政危機ではなく、
市場からは、「政府はもっと借金して、財政支出を増やせ」
というメッセージとも受け取れる。

また、日本の現在の工業生産力状況を
示す数値として、私が注目しているのが、
実稼動率という数値である。

今年の9月の経産省発表の
製造工業生産能力・稼働率指数概況の数値から
推定される実稼働率は約73%であり、
全くフル稼働しておらず、需要に対して、
生産供給力がありあまっている状態であり、
財政危機にともなう大幅なインフレに
なるような状態ではない。

そのような状況で、政府が借金をして
国債を発行しても財政危機を心配するような
状況でなく、増税も不要である。

政府が発行して債券市場に放出された
国債を大量に日銀が買えば、
政府の子会社である日銀が
所有する状態である。
(日本銀行の株式の55%は日本政府が所有)


そして、政府が国債を保有している日銀に対して
利払いをしているが、その利子の利益を得た
日銀は、国庫納付金といて政府に戻しているのである。

それでも、政府の借金が心配だというのであれば、
ノーベル経済学賞を受賞したスティグリッツ氏も
提案をしている政府紙幣を発行すればいいのである。

政府が直接、紙幣を発行すれば、政府の借金にならない。

そのように政府がお金を大判ぶるまいして、発行しても
実稼働率が低い状況の日本では大幅なインフレはありえない。

そんな日本経済の状況で、財政危機の防止のための
消費増税なんて必要ないし、社会保障の財源も心配する
ことはないと考えている。


今回の、食料品の消費税の税率据え置きとなっても
家電や自動車などの耐久品は増税される。

平成9年と平成26年の消費増税のあと、
家電や自動車の耐久品の消費は落ち込み
個人消費は落ち込んだが、また、増税後にはそうなるだろう。



スポンサーサイト

テーマ:増税 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3690-c5f8bbf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)