言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



水木しげると西宮市今津・・・・鬼太郎の構想は彼の今津時代にあるとも言われている

今日は、2015年(平成27年)12月 2日 水曜日


今週の月曜日の11月30日に、
漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の作者の水木しげるさんが
93歳で逝去されたたが、
私が現在住んでいる西宮市今津と水木しげるさんは
大きくゆかりがある。

それは、水木しげるさんが
昭和28年(1953年)から昭和32年(1957年)に
かけて、西宮市の今津で居住して、紙芝居を制作しながら、
「ゲゲゲの鬼太郎」の前身となる「空手鬼太郎」や
「墓場鬼太郎」を制作していた。

その「墓場鬼太郎」は
今津の近くの墓場を散歩しながらその発想を得たと
言われたりしている。

また、
「ゲゲゲの鬼太郎」で登場する
「砂かけ婆(ばばあ)」は、西宮市周辺でも伝わる妖怪であり、
「ゲゲゲの鬼太郎」の発想は、
彼が紙芝居制作職人として働きながら住まいしていた
西宮市の今津の時代にあったともみられている。

阪神電鉄今津駅から徒歩2分ほどにある
(私の自宅からも徒歩3~4分ほど)にある
今津駅前商店街には、

「ゲゲゲの鬼太郎
 水木しげる邸跡」

と書かれた街灯が設置されている。


このブログ内の関連記事

女優・森光子と西宮北口・・・・芸能のまちとしての西宮北口
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3687-794e80bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)