言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



シリア難民問題はアメリカの中東政策のツケであり、そのツケを欧州が負わされている


今日は、2015年(平成27年)10月1日 木曜日

今年の国連総会で、シリアからの難民問題と
その原因のシリア内戦で、
米ロの大統領がシリアのアサド政権を支持するか
退陣を求めるかで意見が対立してたが、
そもそも、昨今のシリア問題を深刻にさせた
主要因の一つはアメリカの対中東外交にある。

2003年にアメリカは国際法違反のイラク戦争を引き起こし、
その後、戦争後もイラクの治安は不安定なままで、
アメリカの崩壊させられ地位を失った元フセイン政権の
与党の人員たちが、現在のイスラム国の基盤を作り上げていった。

そして、2011年のアラブの春の民主化運動の過程で
アメリカはシリアのアサド政権打倒を画策しようとするが、
アサド政権の弱体化とともに、
シリアは内戦状態となりイスラム国台頭の隙を与えることとなった。

そのシリアの内戦が昨今の欧州への大量難民の
問題を引き起こしている。
まあ、アメリカの対中東政策の失敗のツケを
欧州が負わされているといった感じである。

シリアからの欧州への難民の方々の動きは
まさに民族大移動の様相を感じさせるが、
過去に民族の大移動で歴史が変わってきたりした。

今回のシリア難民問題が、今後の欧州の現代史の
変遷にどのような影響を与えていくのだろうかと思ったりする。

2003年のイラク戦争が現代世界史に
いろいろな意味をもつ戦争になってしまっているのだなあと
思ったりする。



スポンサーサイト

テーマ:国際政治 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3646-06340226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)