言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



飛び跳ねたボラにぶつかると危険!、跳ねたボラとぶつかり鼻骨骨折した競艇選手がいる

今日は、2015年(平成27年)9月29日 火曜日

一昨日、西宮市の今津の自宅近くの津門川(つとがわ)に
かかる橋の歩道を歩いていると


パチャッと何か水面を叩くような音がして、
川面の方に目を注ぐと、体長30cm以上はありそうな
ボラが跳ねていて、3~4回繰り返していた。

ボラが跳ねる理由は、体についた寄生虫を落とすためとか
追ってきた敵から逃れるためとか、獲物を追うためとか
諸説あるが、はっきりとはわかっていない。

さて、ボラが跳ねる光景は爽快に見えるが、
跳ねるボラが人の体にぶつかるとケガを追ったりする

例えば、競艇の選手がボートで運転している時に、
跳ねてきたボラにぶつかって負傷してしまった例がある。

平成22年(2010年)に
浜名湖の競艇場で、試運転を行っていた星野太郎選手が
ピットに帰ろうと全速の状態で走っていると
跳ねたボラが星野選手がかぶっていたヘルメットに直撃!
顔面を保護するためのシールドが破損して、
鼻骨骨折、右眼球打撲、右前房出血の重傷をおった。

シールドはそう簡単に壊れるものではないというので、
全速力で走るボートの選手と跳ねたボラがぶつかった時の
衝撃がいかにすごいかがわかる!

また、翌年の平成23年(2011年)4月にも
愛知県の常滑競艇場で、試運転中に跳ねたボラが
右側頭部に当たり脳振とうを起こし、気を失い。
意識を戻した後も気分がすぐれずドクターストップで
その後のレースを欠場したりしている。

競艇でなくても釣り人やサーファーが跳ねたボラと衝突して
負傷を追う事例があるという。

跳ねたボラに当ったら大変なことになるのだ!
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3644-ac8ae24a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)