言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



9月27日のできごと・・・平成3年9月27日 りんご台風の暴風の猛威が日本列島で吹き荒れる・・・亡くなった方々の多くは屋内にいれば命を落とすことはなかった

今日は、2015年(平成27年)9月27日 日曜日

今から24年前のこの日、
平成3年(1991年)9月27日(金曜日)
のちに「りんご台風」とも呼ばれる台風19号が
日本列島に猛威をふるった。

この年の9月16日に、
マーシャル諸島で発生した台風19号は
その後発達を続け、
フィリピンの東海上で中心気圧925hPa、
9月23日には、
最大風速50m/秒の大型で非常に強い台風となった。

その後も最大風速50m/秒の非常に強い勢力を
維持したまま北上し、日本列島に接近。
そして、9月27日16時ごろ長崎県佐世保市に
中心気圧940hPa、最大風速50m/秒という
勢力で上陸した。

中心気圧940hPaという低い気圧で上陸する台風は
日本では、昭和46年(1971年)の台風23号以来
20年ぶりで、戦後では5番目に気圧が低い上陸台風であった。

この台風は猛烈な暴風でかつ、その後、日本海海上を
進んでいくことになるが、時速が80km以上と
高速道路を走る自動車並みのスピードで進んでいく。
このことがさらに暴風による被害を大きくした。

全国各地で暴風が吹きあれ
各地の主な瞬間最大風速は

88m/秒・・・鹿児島県下甑島の航空自衛隊ヘリ基地
60.9m/秒・・・阿蘇山(熊本県)
58.9m/秒・・・広島市
57.3m/秒・・・輪島市(石川県)
53.9m/秒・・・青森市

と50メートルを越す暴風が吹いた。
当時、18歳だった私が和歌山県御坊市に住んでいたが
この台風の記憶がある。
その日の夜、地元の塾に行って21時ごろだろうか
帰宅するころかなり風が強く木の枝が道々に散乱していた。

この台風は暴風域がかなり広かったのだ。
9月27日21時ごろのこの台風の暴風圏の距離は
中心から南東側に440kmと広がっていて、
日本海を進む台風ながら太平洋側の和歌山県も
すっぽり台風の暴風域に入り、強い風が吹き荒れていたのだ。

この台風で62名がなくなったが、その多くが風によるもので
大阪府でも2名亡くなっていて、死亡原因は
1名が強風による転倒、
もう1名が2階の雨戸を閉めようして強風にあおられ転落したことに
よるものだった。

全国各地で暴風による死者は相次ぎ、
中には、暴風の中、自転車で走行中に
暴風による飛来物があったり、それによって転倒したりして
死亡したりしている。

もし、亡くなった方々の多くが屋内にいれば
被害を被ることなく命を落とすことがなかったと
考えられている。

ただ、屋内にいても、その建物がもろいものなら
危ないと言えそうである。
この台風で、自宅車庫が倒壊してその下敷きになって
21歳の女性が亡くなっている。

暴風による物的被害で注目したいのは電線への塩害である。
広島県では、暴風により
沿岸より40km先の内陸にかけて電線に海水が付き、
雨がほとんど降らなかったので、電線についた海水が付いたままとなって
塩害となり、長期間にわたり停電になる地域が発生した。

この台風は高潮による被害ももたらし、
広島県の厳島神社の能舞台が倒壊したり、
檜皮葺の屋根が吹き飛ぶなどした。

この台風19号は、日付が変わって9月28日、
東北地方に近づき、青森県では収穫前のリンゴが大量に落下して、
リンゴ農作物に大きな被害を出した。
これが、この台風がのちに「りんご台風」と呼ばれるゆえんである。

この台風は日本海を通過したことから
海水からエネルギーを補給され続け、
ほとんど勢力を衰えることなく、東北地方に近づき、
中心気圧955hPa、最大風速40m/秒で
東北地方に近づく台風としてはかなり強い状態の台風であった。

そして、この台風のスピードが高かったことも
風を強くした要因となった。

台風19号は時速100kmで進んでいくことになるが、
台風の右側は台風自身の風に台風の移動速度が加えられ、
風が強くなる。
例えば中心風速40m/秒の台風が時速108kmで
進んでいた場合、中心のすぐ右側では風速が70m/秒になる。

そのように加速で暴風がさらに強くなった台風19号が
日本海を進んだことにより、日本列島は台風の右側に
入ったことで、日本各地で暴風が吹き荒れ、
風による被害を大きくしたのだ。

瀬戸大橋では、走行中のトラック4台が横転した。
また、富山県小矢部市では台風によるフェーン現象で
強風にあおれた火事が拡大して、16棟が焼失する火災が発生
したりもした。

ちなみに、この台風19号の暴風で
リンゴ農園の多くのりんごが落下する中、
その暴風に耐えて落ちなかったりんごは
「落ちないリンゴ」として発売され、受験生に
人気を呼んだ。


このブログ内の関連記事

超A級台風・伊勢湾台風が襲った日~1959年9月26日

9月16日のできごと・・・1961年(昭和36年)9月16日、第2室戸台風、近畿を襲来・・・大阪市の3分の1を水没させた戦後最強クラスの超A級台風

9月24日のできごと、平成11年9月24日 台風18号による高潮で12名が亡くなる・・・台風の中心気圧が低いほど、中心付近の風速が強いほど高潮リスクは高まる。特に風下の湾奥は要注意

2012年9月30日の記事
9月30日の日曜日に台風接近・・・33年前(1979年)の16号台風を思い出す・・さて、今宵の中秋の名月は見れるかどうか。


スポンサーサイト

テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3642-73602210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)