言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



9月24日のできごと、平成11年9月24日 台風18号による高潮で12名が亡くなる・・・台風の中心気圧が低いほど、中心付近の風速が強いほど高潮リスクは高まる。特に風下の湾奥は要注意

今日は、2015年(平成27年)9月24日 木曜日

16年前の今日の
平成11年(1999年)9月24日(木曜日)
この年の台風18号により、
熊本県不知火町(現在の宇城市不知火町)で、
発生した高潮により12名が亡くなる災害が発生した。

平成11年台風18号 八代海 高潮被害地図


この年の9月19日に沖縄県南海上で発生した
台風18号は急速に発達し、3日後には沖縄県近海で、
中心気圧930hPa、中心の最大風速45m/秒と
非常に強い台風となり、しばらくそのままの勢力で
東シナ海を北上し、九州に接近、
9月24日の未明の午前0時から午前4時ごろまでは
中心気圧935~940hPa、中心の最大風速45m/秒
の非常に強い勢力のままで熊本県に接近し、
当日の午前1時には、台風18号の暴風域に入った。
そして、同日午前3時17分 熊本県の天草諸島にある
牛深市で最大瞬間風速66.9m/秒を観測、
そして、同日午前4時ごろ台風18号の中心はその牛深市を
通過し北北東に進む。
そして、天草諸島と熊本県本土の間にある八代海では、
秋の大潮の時期で、台風最接近の時間帯に
潮位が満潮に向かって上昇している時間帯でもあったが、
さらに台風の強い暴風による吹き寄せ効果と
気圧低下により潮位が上昇しつつあった。

そして、台風18号は同日午前6時に熊本県北部に
上陸したが、その台風の中心に向かって吹き込む
南からの暴風が八代海を吹きぬけ、八代海の
北端地域の不知火町の沿岸には南からの暴風で
吹き寄せられた海水で満潮に向かって上昇の海水上昇と
合わさって、大きく潮位があがり、
同日午前6時ごろ
不知火町の松合地区で海水が堤防を越えて、
集落に流れ込み12名が亡くなった。

いかにその時の高潮を示すデータが
その松合地区の近くにある三角(みすみ)の潮位データが
示している。

平成11年 台風18号 三角港潮位


まず、潮位には
月や太陽などの天体の引力の影響による「天文潮」と
気圧や風によってもたらされれる「気象潮」がある。

天文潮による潮位変動を示す潮位を
「天文潮位」と言うが、実際に観測された潮位と
「天文潮位」による潮位の差の潮位偏差を見ると
台風など気象現象で生じる気象潮での潮位上昇分が
わかるが、
松合地区で高潮被害が発生した午前6時ごろの
三角の潮位データでは、
天文潮位が326cmであったが、実際の観測地は453cmと、
潮位偏差が143cmもあり、
台風による気象潮での潮位上昇分がかなり大きかったことがうかがえる。

また、満潮時刻が午前7時56分であったが、実際の被害発生は
午前6時ごろを満潮の約2時間前であった。
満潮に向かって海水が陸側に向かっていることが
被害を大きくした要因と考えられている。

高潮被害の台風で有名なものとして、
昭和34年(1959年)9月26日に、
死者不明約5000人が発生した
伊勢湾台風がある。

伊勢湾台風の時も満潮時刻よりも早い時間帯に
高潮被害が発生、伊勢湾台風の時の
潮位偏差は約350cmあった。

これも台風の気圧低下による海面上昇と
南よりの猛烈な暴風で海水が伊勢湾湾奥に
吹き寄せられたことによる海面上昇によって
もたらされた高潮であった。

中心気圧が低く、中心付近の風速が大きい台風ほど
高潮の度合いが大きくなり、また、湾の奥などが
風下になった場合は、吹き寄せ効果で高潮被害が
発生しやすくなるのである。

図の資料は
損害保険料率算出機構 RISK No.-54 1999年12月発行 より


このブログ内の関連記事

2006年9月26日の記事
超A級台風・伊勢湾台風が襲った日~1959年9月26日

2009年4月27日の記事
西宮市津門川河口近くの水位がいつもより高かった・・・・・上空の雲の流れを見ると、強い西南西の風が吹いていた、大阪湾に海水吹き寄せ
スポンサーサイト

テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3639-7266ff2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)