言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



毎秒100兆個も人体を通過している物質がある。それはニュートリノといういうとてもとても小さな素粒子である

ある物質が毎秒100兆個も人体を通過していることは
ご存知だろうか?

その物質とはニュートリノという物質である。

ニュートリノとは電気的に中性でとてもとてもとても
小さな素粒子である。

その小ささを原子とその中心の原子核のサイズ、
そして、原子核とニュートリノのサイズの例えから
このような説明がある。

まず、原子と原子核の距離の関係を
だいたい直線距離で25kmから30kmあたりある
東京23区を原子全体の距離だとすると、
その原子核のサイズは、
その東京23区中心にサッカーボールを置いたほどに小さい。

さらに、原子核を構成する陽子とニュートリノの大きさの関係は、
陽子を地球のサイズに例えるとなんとニュートリノは米粒ぐらいの
大きさになってしまうという。

いかにニュートリノがちいさいものかがわかる。

そのニュートリノは太陽中心部での核融合反応で
水素からヘリウムが生成される過程で、発生する。

その太陽からのニュートリノが
1c㎡あたり660億個、人体なら100兆個通過しているという。

ニュートリノとは電気的に中性ということもあり、
物質と反応をしないので、人体など様々な物質の中を
通り過ぎてしまうというのだ。


ニュートリノは核融合にともなって生成されたりするが
宇宙の質量の重い恒星が超新星爆発した時の
核融合でも発生する。

昭和62年(1987年)、大マゼラン星雲での超新星爆発による
ニュートリノを小柴昌俊博士がスーパーカミオカンデで観測に成功し、
ノーベル物理学賞を受賞した。

そのニュートリノは宇宙の創世期には膨大な量があったとみられ、
ニュートリノを研究することで、
宇宙の創世期がどのような状態であったのかを知る手がかりが得れる
ことが期待されている。

そして、ニュートリノの質量の値によって、
今後、宇宙が膨張を続けるのかそれともいずれ収縮するのかについて
わかる可能性もあるという。


このブログ内の関連記事

1987年2月23日 カミオカンデで世界初の超新星爆発のニュートリノを観測 ~ 大マゼラン星雲の浮かぶ宇宙の真珠のネックレス
スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3620-1055be47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)