言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



土曜日の午後、カフェギャラリー「Koo」にて、チャイを飲みながら開店3週年記念の作品展を眺めつつ、読書を堪能した

今日は、2015年(平成27年)7月26日 日曜日

昨日の土曜日、西宮市の東鳴尾駅近くにある
小さなカフェギャラリー「Koo」に行ってきた。

そこは現在の私の職場近くにあり
いつも出勤する平日に昼食で
そこでとてもおいしいカレードリアを食べているが、
いつもはいかない土曜日はどうなっているのだろう
と思い、西宮市内での用事を終えて、
15時過ぎに「Koo」に入店した。

いつもはカレードリアを頼むので、
店主の女性の方はカレードリアかと思ったようだが、
私は
「今日は、いつもとは違うものを」ということで、
チャイとチーズケーキを頼んだ。

Koo チャイ 150725_1520~001

「Koo」では、ここ近日中は
開店3周年記念イベントを行っていて、
昨日までは、作品展を行っていた。
(来週は写真展開催)

そして、「Koo」が開業したのが
2012年7月25日だったということを
聞いていたので、ちょうど開店3周年の日に
行ってみようと思った。

3年前の7月25日は水曜日だったが、
毎年7月の弟4水曜日は「Koo」がある
みやこ商店街の夏祭りが行われる日であったので、
その日に合わせて開店したようである。

「Koo」のHPのごあいさつに次のように
書かれている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オープンにあたって、この場所を語らずにはおられません。
ギャラリーのあるこの場所は父の実家であり、私も小学校に
あがるまでここに住んでいました。
祖母は呉服店を、祖父とそれを継いだ母が小鳥店
(のちにペットフード店)を営んでいました。
学校から帰ってくると母の店番の手伝いをしたり、
向かいの「とらや」でお好み焼きやたこ焼きを食べ、
お使いを頼まれて豆腐や野菜を買いに行きました。
夏には商店街で御神輿やパレード、夜店を楽しみ、
年末はお正月の買いだしの人で通るのも大変なほど賑わって、
日常と違う空気が心躍らせるのでした。
しかし、いつしか寂しい風景に変わっていました。

私はその風景を見るたび、閉まったままのお店を見るたび、
何かしないとという衝動に駆られ、いつの頃からか、
自分の夢はと聞かれると「前の家を改装してお店をすること」
になっていました。

赤いアーケードの入口、一方通行の標識をまたいだ敷地、
スーパーの真隣、今も元気に頑張るとらやさん。
今も声を掛け合い、人々が行き交っている様子を見て
、小さい頃自分を見守り育てててくれた温かな人々
のふれあいを懐かしみ、もう一度この環境に帰りたいと思ったのです。
これからギャラリーでの展示やイベントを通じて、
地域の方々との交流の場になれば幸いです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、自分が育った商店街で店を開くことに強い思いを
持ってこの地にカフェギャラリーを開店したことが伝わってくる。

さて、私がそこでチャイとチーズケーキを味わっていると
女性の方が入店してきた。作品展の鑑賞だけは無料である。

その女性は、今回の作品展に絵を出展している
至高さんの絵を見にきたようだ。

至高さんは、「Koo」から近くのところで
美容院の「Be遊」を営んでいる方で、
その女性はそこのお客さんのようである。

Koo 至高さんの絵 150725_1541~001


至高さんの描いた和服を着た女性を
イメージした絵は私はとても
惹きつけられるものがあった。

その女性が店を出た直後のすぐに
別の男性の方が入ってきて、
出展されている絵を見に来た。

その方も美容院のBe遊のお客さんで
ちょうど、そこで髪を切ったばかりで
至高さんの話を聞いて、
「Koo」に来店したようである。

私はその間、
いつもは仕事のお昼休憩に利用しているので
25分ぐらいしかそこで過ごせないが、
今日は仕事とは関係なく、
ゆっくりすごせることもあり、
チャイとチーズケーキを味わいながら
読書を堪能していた。

その時、読んでいた本は
若嶋眞吾氏の
「もう一つの『知』~二つのコスモロジー」
である。

興味あるところに線を引いて書き込んだり
している。その書き込んだ年月日と時刻
そして、それをどこで書いたかの場所を記す
ことにしている。

その本の
「リハビリなども身体的記憶を機能の回復に」
というところに線を引いて、それに対して、
ページの上端にきれいではない字で書き込んだ。

Koo 読書書き込み 150725_1558~001

なんと書き込んでいるかというと、

「身体図式の回復
 2015・7・25 15:45
 Kooにて」

身体図式という言葉は、
フランスの哲学者であるモーリス・メルロ=ポンティが
「知覚の現象学」で活用した概念である。

それをふと思いついたので、そのように書き込んだ。
思いつきなので、厳密さはないが
思い付きから考える機会としたいし、
また、書き込むことで、
再読した時に、また想起する助けになるし、
何処でそれを読んでいたかも思い出すことになる。

ふと、Kooの開店3周年の日の7月25日に
ちなみ、
自分の3年前のそのころは、
翌月に14年間勤務してきた小さなシンクタンクを
原発事故の影響で失業することがわかっていた時で、
仕事を探しをしていたころだ。
もし、その時失業していなければ、
現在の職場で働くこともなく、
このようにカフェギャラリー「Koo」で
過ごすことはなかった。

ちなみに2年前の7月25日は
私は県立西宮病院の病室のベットの上で
過ごしていた。腹膜炎のため入院してのである。

私がいる間、ちょこちょこと
来店者がいて、出店作品を見ていた。

また、私が惹かれた出展していた絵は
西宮市在住の毛利美帆さんの
「イチゴと猫」である。

Koo 毛利さんの猫絵 150725_1634~001

とてもかわいい絵である。
西宮市で出生届けを提出した
保護者の方々に配布される「赤ちゃんへの手紙」
のイラストを担当しているのも毛利美帆さんである。

閉店時間が近づいた16時50分過ぎに
私は「Koo」をあとにした。

いつもは、その最寄り駅の
阪神武庫川線の東鳴尾駅を
使うが、その時は、いつもと違うルートで
帰ろうと、阪神本線の鳴尾駅に歩いていった。

その途中、「Koo」の3週年記念の
作品展に出展していた至高さんが営む
美容室「Be遊」を見つけた。

Be遊 150725_1659~001

その店のディスプレイには
「Koo」の3週年記念作品展を
お知らせするポストカードが飾られていた。


「Koo」の
場所は兵庫県西宮市笠屋町21-2
阪神電車武庫川線「東鳴尾」駅から西へ徒歩約7分、
「鳴尾」駅から徒歩約13分。
TEL 0798-55-8009

営業時間 11時~17時
休業日 日・月・祝
*営業日でも臨時休業していることがあるので、
フェイスブック等で確認してくださいとのこと。



ギャラリーKooのHPはこちら

ギャラリーKooのフェイスブックページはこちら


このブログ内の関連記事

小さなカフェギャラリー「Koo」にて、おいしいカレードリアを食べた・・・西宮市東鳴尾駅近くの小さな商店街の赤いアーケードの端にあるおしゃれなお店

カフェギャラリーの「Koo」にて、「そらみみパレット」をライブを見て・・・・まちに、地域社会に、そして、人々に潤いと豊かさをもたらす小さなカフェギャラリー
スポンサーサイト

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3579-d9a1b4a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)