言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



カフェギャラリーの「Koo」にて、「そらみみパレット」をライブを見て・・・・まちに、地域社会に、そして、人々に潤いと豊かさをもたらす小さなカフェギャラリー

今日は、2015年(平成27年)7月23日 木曜日

私の現在の職場の近くの
西宮市のカフェギャラリーの「Koo」で、
昼食を食べるが、
その「Koo」で、昨日の夕刻18時すぎから、
開店3周年記念の小さなライブが行われて、
私はそれを見に行った。

ライブをしたのは「そらみみパレット」という
女性2名のユニットで、
きだまみさんがピアノを弾いて、
もうひとりのつばささんが
きだまみさんが演奏している間に絵を描く
パフォーマンスをする。

きだまみさんとつばささんは
大学時代の友人で、大学で福祉関係のことを
学んでいたという。
きだまみさんは好きな音楽を
つばささんは好きな絵を描く、
そのお互いの好きで得意なことを
活かした活動をしようと
「そらみみパレット」を結成した。

彼女達はふだんは違う職業に就いていて、
昨日は、仕事が終わってから
「そらみみパレット」としてのライブを
行ったのである。

Kooは通常6席が満席のカフェであるが、
昨日はライブ用に椅子を配置したが、
満員で15名ぐらい見に来ていた。

きだまみさんが作詞作曲した曲の演奏を始めると

歌うきだまみさん 150722_1813~001

つばささんはキャンバスに色をつけ描き始める
描き始め 150722_1810~001

演奏が進むとともに絵はできあがっていった。
描く途中 150722_1816~001

30分~40分ほどして、一旦休憩となり、
その間、「Koo」特製のおいしくて甘口の
カレーがみなさんに配られた。
私はいつもそれを昼食で食べているが、
とてもおいしいカレーである。

カレー 150722_1844~001

休憩が終わり、ライブの後半で、
きだまみさんの演奏の間、
もうひとつ絵を作り上げていった。

きだまみさんの声は透き通っていて、
曲調も癒し系の感じである。

ライブが終わって、つばささんが出来上がった
絵を横にして、カメラ撮影に応じていた。

2枚の絵 150722_1936~001

大きな絵はライブ前半に描いた絵で、
小さな絵はライブ後半に描いた絵である。

大きな絵について、何の意味合いを表現しているか
つばささんに聴いてみると、
「そらみみパレットなどの活動を始めたばかりで
外に向かって」という主旨のことを言っていた。
見てみると、絵に○模様の部分が多く描かれているが、
その部分はそのような意味合いがあるように見えた。
私が「人の顔に見える部分もありますね」と言うと、
「言われてみればそうですね。見てもらった方、
それぞれの感じ方ををしてもらえれば」と言っていた。

ライブが終わって、そらみみパレット2名で撮影に応じる。

そらみみパレット 150722_1938~001

画像右側の絵は、
「Koo」開店3周年記念の作品展に展示している
つばささんの絵。


私は、つばささんが書いた線画のポストカードを
5月に買っていた。

線画 150508_1234~001

Kooで昼食のカレーを食べながら、
その線画に「おっ!」とおもしろいなと思って
購入した。

また、今回のライブでは、
ピアノを演奏していたきだまみさんも
ポストカードを描いていて、
空を飛ぶ大きなくじらの絵がかわいく
購入した。

きだまみさんの絵 150722_2145~001

さて、今回ライブを行った
そらみみパレットのつばささんは
Kooのオーナーの久美子さんとは、
Kooに作品を出展している女性の方との
つながりで知り合い、
Kooで作品を販売したり、そして、今回のライブとなった。
また、Kooに出展している方は
西宮市在住の方が多く、人と人とのつながりのなかで
アートに関することを本業とはしていない人たちの
ネットワークが生まれ、自分が作った芸術作品を
展示している。

ふと、コミュニティデザイナーの山崎亮氏が

「まちが豊かになること、まちが活性化することとは
そこに住んだり、働いたり、訪れたりする人たちが
活き活きしている状態であり、豊かな人間関係を
持っていることである。」

という主旨のことを述べていることを思い出した。

カフェギャラリーの「Koo」がある場所は
昔ながらの商店街の赤い屋根のアーゲードが
あるところである。
そこに、パッとおしゃれなカフェギャラリーにて、
近隣の方々が、自分の芸術的な個性的な創造性を持った
ものを出しているのを見ると、
先に紹介したコミュニティデザイナーの山崎亮氏の
発言内容と重なるなあと思ったりする。

そして、その「Koo」で、
芸術的なものを出している方々が
それを本業にしていないことも良いなあと思ったりする。

最近、お笑いコンビの「ピース」の又吉直樹氏が
芥川賞を受賞したが、彼は小説を本業にしているわけではない。
小説や読書は趣味である。趣味を深めて貫徹して、
高い評価を得る作品を出している。

また、小説家で思い出したのは
作家の山口恵以子氏である。
彼女は自身の小説で松本清張賞を受賞したが、
彼女の本業は食堂のおばちゃんである。
食堂での業務を終えて、その後、小説を執筆していたのである。


自分の生活の糧を得るための本業とは別に、
芸術的なことを深めていくのは、
その動機付けは内発的であり、職業が変わっても、
内発的な動機で行う芸術的な活動は、生涯続けていく
可能性を秘めていて、その方の人生を豊かにしていくものだと思う。

そのような方々の個性的で創造性のある芸術作品を出していく、
小さな商店街にある小さなカフェギャラリー「Koo」は
まちに、地域社会に、そして、人々に潤いと豊かさをもたらす
機能を秘めていて素敵だなあと思う。

場所は兵庫県西宮市笠屋町21-2
阪神電車武庫川線「東鳴尾」駅から西へ徒歩約7分、
「鳴尾」駅から徒歩約13分。
TEL 0798-55-8009

営業時間 11時~17時
休業日 日・月・祝
*営業日でも臨時休業していることがあるので、
フェイスブック等で確認してくださいとのこと。


ギャラリーKooのHPはこちら

ギャラリーKooのフェイスブックページはこちら


このブログ内の関連記事

小さなカフェギャラリー「Koo」にて、おいしいカレードリアを食べた・・・西宮市東鳴尾駅近くの小さな商店街の赤いアーケードの端にあるおしゃれなお店

豊かな「まち」とは、そこに集う人々が活き活きしていること・・・まちの人々の多様な個性を活かせる仕組み、コミュニティデザイナーの山崎亮氏の講演を聞いて・・・
スポンサーサイト

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3576-c4c4eabb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)