言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



安倍首相の7月15日強行採決は祖父の岸内閣総辞職の日へのリベンジ?・・・・違憲立法を推し進める安倍内閣に対して、法の支配を強調するアメリカ政府が支持するって、へそで茶をわかすだわ

今日は、2015年(平成27年)7月16日 木曜日

昨日の7月15日、安倍内閣が提出した安保法案が
衆議院の委員会において、強行採決された。

集団的自衛権行使可能とするこの法案に対して、
多くの憲法学者が憲法違反であると指摘されている
法案である。

さて7月15日という日は、
安倍首相の祖父である岸信介首相が
昭和35年(1960年)総辞職した日である。

岸信介首相が進めた
新しい日米安全保障条約を国民が強く反対して、
国会周辺を10万人以上(主催者発表で30万人)を
取り囲み、国民の強い反発が示され、
そして、アメリカのアイゼンハワー大統領の訪日が
中止され、それらの混乱の責任を取る形で
岸信介内閣が昭和35年7月15日に総辞職したのである。

そのような日に、安倍首相は違憲性が指摘される
法案を強行採決を図ったのである。

さて、今回の安保法案はアメリカの要請があると
されるが、そのアメリカの政府高官が今回の安倍内閣の
法案採決を支持している。

あて、アメリカは日米同盟において、
「自由、民主主義、法の支配という共有価値を有する」
とするが、憲法違反という法の支配に対して、
それを蹂躙するような安倍内閣の動きを歓迎するというなら
アメリカの言う「法の支配」なんて、いい加減なものだ。

さて、今回の安倍内閣の動きに関して、
哲学者の山崎行太郎氏のコメントが興味深かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何故、安保関連法案に世論は反対多数なのか?
「支持率急落」で慌てている安倍政権は、
アメリカとの約束を優先で、強行採決。
アメリカ政府は歓迎するかもしれないが、
日本国民は、歓迎するのは一部のネット右翼だけで、
安倍政権を見限るのではないか?
日本国民の中の「反米感情」は根深い。ここに火がつくと、
国際的な大事件に発展するだろう。「沖縄の本土化」である。
江藤淳のような「保守派」も、実は「反米」であり、
いわゆる「反米保守」であったことを、忘れてはなるまい。
日本国民に「反米独立」の機運が高まれば、
アメリカ政府も、安倍政権を見放さざるを得ないだろう。

哲学者=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』
2015年7月15日 
より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2003年のイラク戦争の時、
もし憲法9条がなければ、
日本はアメリカの国際法違反の戦争に引きずり込まて
いたのではないかと思っている。

あの時、フランスとドイツは強くアメリカのイラク戦争に
反対したが、日本は賛成した。
そのようなフランスやドイツと違って、
アメリカケツ舐め外交をしている日本が
アメリカの誤った戦争に引きずりこまれるリスクが
ある状況において、憲法9条を改正したり、それに反する
法律を作ることは危険だと思う。
スポンサーサイト

テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3569-c4efc200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)