言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



なでしこジャパン、W杯準優勝おめでとう・・・主将の宮間選手が海外オファーを断り、岡山県の小さな町を本拠地とするチームにいる理由とは

今日は、2015年(平成27年)7月8日 水曜日

女子サッカーなでしこジャパン、
女子W杯準優勝おめでとう。

決勝戦で、アメリカには
5対2で敗れ、連覇はならなかったが、
女子サッカーがおかれた環境での
日米の格差を見ると、
なでしこジャパンは2大会連続で
W杯の決勝戦まで進んだことは
とても素晴らしいことだと思う。

女子サッカーにおいて、
日本とアメリカでは、
女子サッカーの競技人口のボリュームに
圧倒的な差があり、それだけ選手層の厚みがあり、
代表選手クラスではアメリカでは
プロ選手が当たり前という状況である。

一方、日本では女子サッカーの
競技人口が少なく、
今回のなでしこジャパンの代表選手の中には、
昼間は別の仕事をして、夜に練習をするという
選手がいる状況である。

今回のW杯のなでしこジャパンの
主将を務めた宮間あや選手は
なでしこリーグの
岡山湯郷Belle(おかやまゆのごうベル)
という本拠地が人口が3万人もない
美作市(みまさかし)という小さな山間の地にある
チームに所属し続けている。

彼女には、海外の女子サッカーのプロチームから
オファーがあったが、それでも岡山湯郷Belleに
所属しつづけている。

そのことについて、今回のW杯前のインタビューで
次のように答えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮間は海外という選択肢を捨てチームがある岡山にこだわってきた。
「お誘いを頂くことはあるので考えないことはないんですけど、
今私の中でテーマじゃないですけど現役女子サッカー選手としてやっていく
中で何度かあった女子サッカーブームを文化にしたいっていう思いがある」と
その理由を明かした宮間は
「世界にある強豪国はどの国もリーグが盛り上がっている。
日本にはまだそれが足りない。
それは優勝したことのある私達にしかできないこと」と続けた。

(中略)

「4年間で徐々にですけど注目度や観客数が多少減ってきてしまっているので、
今後の女子サッカーのためにも自分達が結果を残さなければならない」
と使命感に燃えた。

「女子サッカーブームを文化に」 使命感に燃える宮間あや
 ライブドアニュース スポーチウォッチ 2015年6月5日 より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼女は2009年から2010年にかけて、
アメリカのチームに移籍して、そこでプレーをしていたが、
アメリカの女子サッカーの厚みと裾野の広さが、
女子サッカーの文化が定着していることを肌で感じていた。
そのアメリカでの経験を通じて、
日本でも女子サッカーの裾野を広げ、文化として定着させねばと
思っているのだ。

なでしこリーグの観客数が減るなか、
なでしこの選手達が、W杯で勝ち抜こうとするモチベーションのひとつに
なでしこリーグの存続と活性化思いがあるからである。
スポンサーサイト

テーマ:スポーツ - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3561-37b68230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)