言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源や考えたこと、お気に入りの歌や発想法、雑学など、政治経済社会の時事ネタも書いたりしています。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。現実世界での所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を問わず、古今東西の学問を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空の企業名を勤務先にしています。その会社を退職する時は私の人生が終焉する時です。.

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



アリはなぜ自分の体重よりも何倍も重いものを運べるのか・・・アリの足と顎にその秘密がアリそうだ

今日は、2015年(平成27年)6月30日 火曜日

一昨日、自宅近所を歩いていると、
アリが自分より大きなものをあごに加えて運んで
歩いているのが見えた。

蟻 150628_0834~001

アリは種類によっては、
自分の体重よりも100倍重いものを
顎に挟んで運ぶことができると言われる。

人間で言えば、
例えば、60kgの体重の人が
60000kg=60tのものを運んでいる
となる。

アリの足には粘着性のある水分があり、
それによって
自分の体重よりも何倍も重いものを運ぶ時の
踏ん張りに役立っているという。


さらに、アメリカのオハイオ大学
エンジニアリングチームの研究によると
アメリカに生息する
アレゲニーマウンドアリの顎を
スーパーコンピューターを使ったモデル解析の手法で
分析したところ
顎の接合部分では、自分の体重の5000倍の重さに
耐えられる強度があることがわかった。

そのアリの顎は、
硬質材と軟質材の組み合わせで成り立っていて、
それが自分の体重の5000倍の重さに
耐えられる強靭さをもたらしているという。

そのアリの強靭な顎のメカニズム解析がロボット工学の
応用につながる可能性が期待され、
また、その分析結果を活用して、
これまで考えられなかった大型の建物を作れるようになったり
することもありえるかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3553-d844ec09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)