言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



「竜巻」と「ダウンバースト」・・・「竜巻」という上昇気流の方は漢字という表意文字で、「ダウンバースト」という下降気流の方はカタカナという表音文字が使用されることについて

今日は、2015年(平成27年)6月26日 金曜日

ダウンバーストという現象がある。
それは、発達した積乱雲したから
下降気流の強い吹き降ろしの風のことである。

風向・風速の広がりから
「マイクロバースト(広がりが4km未満)」と
「マクロバースト(広がりが4km以上)」に分類される。

一方、発達した積乱雲へ強い上昇気流で発生する現象が
「竜巻」である。

さてその「竜巻」と「ダウンバースト」で
ふっと思ったのが上昇気流の方は「竜巻」という
漢字を用いた日本語で、
一方、下降気流の方は「ダウンバースト」という
西洋由来の言葉を翻訳せずそのまま使用していることである。

「ダウンバースト」は英語表記すれば、
「downburst」である。

これはもともとは
「downdraft outburst」という表現が略されたものである。

「downdraft」の
「 draft」には「すきま風,通風」という意味があり、
下向きを意味する「down」と合わせて
「下向き通風」という意味になる。

「outburst」は「爆発,噴出」という意味があり、

「downdraft outburst」で
「下向きの爆発的な風」という意味になり、
それが略され、「downburst」という表現になっているが、

もし、その言葉が日本に伝わってくるのが
明治時代のころだったら、
そのまま使わず、日本語に翻訳した表現を考えたのでは
なかろうかと思う。

「downburst」は、強い爆発的な下向きの風という意味なので
私なら思いつく翻訳は「下降暴風」である。

現代は明治のころと違って、
西洋由来の表現が怒涛の如く流れ込んできており、
いちいち翻訳せずにそのままの表音で使用されることが
多い。日本語には「てにおは」などの助詞が鋳型の機能を果たすので、
そのまま外来語をカタカナという表音文字に置き換えれば、
日本語の文として成り立ってしまうので、便利ではあるが、
もう少しは、明治時代の知識人に習って、
翻訳して、表意文字の漢字表記を考えてもらえたらと思う。


このブログ内の関連記事

竜巻・tornado(トルネード)、その語源・・・・竜が天に昇り、ろくろが回り

スポンサーサイト

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3549-d68f0398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)