言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



ホッピングはもともとは美容体操器具であった、21世紀になり進化したホッピングは「フライバー」という2m以上も飛び跳ねるおもちゃになった

今日は、2015年(平成27年)6月20日 土曜日

一昨日、NHKニュース7で、
キャスターの武田アナが、番組中、
なんと、ホッピングで飛ぶ実演をしていた!

武田アナ ホッピング 150618192001

もうその時の2ちゃんねるの
「NHK総合を常に実況し続けるスレ 110235 」では、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

620 : 公共放送名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/18(木) 19:19:27.62
たけたんポッピングwwwww

621 : 公共放送名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/18(木) 19:19:26.08
たけたん!!

622 : 公共放送名無しさん[sage] 投稿日:2015/06/18(木) 19:19:26.07
たけたんうp!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「たけたん」とは、武田アナへのニックネームだが、
もうこのように大盛り上がりで、一気にスレのレスが加速した。

さて、そのホッピングとは、
もともとは1918年にアメリカで美容体操用具として発売されていた「ポゴスティック」
というものをおもちゃ化したものである。

それが、昭和31年(1956年)の夏頃から
日本で、乗って飛び跳ねるおもちゃとして売れ出したらしい。
一説によると、そのブームが大阪発だとも言われる。

このホッピングのブームは瞬く間に全国に広がり、
それも大人用から子供用まで、数段階のホッピングが発売された。

ただ、ホッピングで跳ね続けるのが楽しいため
それを長時間やりすぎて、胃下垂や足の骨膜炎を発症する子供が
続出して、「ポゴをやり過ぎると胃下垂になる」と噂が広まり
ブームは沈静化した。

やがて、それから約30年経った1980年(昭和55年)に
おもちゃメーカーのバンダイが 「スカイホッピー」という名前のホッピングを発売して、
再び大流行し、おもちゃとして定着した。

現在、そのホッピングを進化させたフライバーが発売されている。
MIT(マサチューセッツ工科大学)に学んだ発明家ブルース・ミドルトン氏が
ポゴスティックを1918年から生産発売していたSBIエンタープライズ社に
21世紀の新しいポゴスティックを開発することを提案し、
それが商品化されたのがフライバーである。

バランス感覚を養う玩具から重力バランススポーツに進化させた
フライバーは、跳ぶ高さがホッピングの10倍となり、
2m29cmの高さまで跳んだ記録がある。
フライバーは日本には、平成19年(2007年)
モトクロスの練習用やスノーボード(ハーフパイプなどのジャンプ競技)の練習用として、
空中バランスを養うために使う人が増えてきという。


スポンサーサイト

テーマ:ヒット商品列伝 - ジャンル:ビジネス


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3543-a408a3c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)