言霊・楽習社(がくしゅうしゃ) ~心豊かに、言葉を生み、人生を潤す~
語源、雑学など、時事ネタなど。また、楽習社とは私の脳内にある架空の企業です。所属組織や職業が変わろうとも、生涯、理系・文系を多様な知を楽習(がくしゅう)して、生きていきたいので、架空企業名を勤務先にしています。それを退職する時は私の人生が終焉する時です。.当ブログ各記事に誘うための目次専用ペ ージはカテゴリートップにあります。PCページは画面左サイドに、スマホ画面からは下のマークの真ん中からカテゴリーにいくことができます

プロフィール

くわどん

Author:くわどん
世の中の森羅万象のことに好奇心を持つものです。
いろいろの世の中をことを知り、いろいろ言葉を
つづっていきます。
また、過去の各記事にアクセスしやすく
するため当ブログの目次専用ブログを随時更新中です。
目次専用トップページ http://blogs.yahoo.co.jp/
kuwadong/64865881.html 



最近の記事

2015年11月2日まで、10年間毎日更新してきましたが、その後は、週1回プラスアルファのペースで更新していきます。



カテゴリー



語源由来辞典からの引用

当ブログにおいて、語源のコメントを する時は、語源由来辞典から引用しています。

語源由来辞典へはここをクリック!!



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア



お買い物しませんか?



最近のトラックバック



最近のコメント



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



広告ですたい!



フリーエリア



沖縄の辺野古基地建設反対する翁長沖縄県知事「日本の国が独立は神話だと言われないように」・・・日本や沖縄から「出て行け」と言われて困るのはアメリカ軍である

今日は、2015年(平成27年)5月22日 金曜日

先に日曜日の17日に、沖縄県で
米軍の辺野古基地建設の反対の県民大会が行われ
それに出席した沖縄県の翁長雄志知事のあるひとことが
印象に残った。
それにつながる演説の記事を引用すると

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
翁長知事が懸念「子や孫がまた犠牲にならないか 見極めないと」
(東京新聞2015年5月18日 朝刊)


 翁長氏は、安倍政権の閣僚が「移設問題の原点は危険性の除去」と
説明することについて、
「沖縄から言わせると、原点は普天間飛行場が米軍に強制接収されたことだ」と反論し、
飛行場の成り立ちについて政府認識をただした。
 政府の対米追従の姿勢を皮肉り、
「日本の国が独立は神話だと言われないように頑張ってください」と声を張り上げた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と最後の
「日本の国が独立は神話だと言われないように」

ということであるが、
アメリカのケツ舐め外交をしていて、
アメリカの属国として振舞う日本政府は
独立国家の体を成していない。

日本は国防をアメリカに依存しているということで、
アメリカべったりになっている。
アメリカが日本を守ってくれなくなると困るので
アメリカの言いなりにならなくてはならないという
言説がまかり通ったりするが、
さて、次の軍事アナリストの小川和久氏の意見を聞くと
どう思うのだろ。
小川氏のコメントを引用している文筆業の松岡美樹氏のツイートがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

松岡美樹‏@Matsuoka_Miki
~日本が日米同盟を解消すれば、アメリカは「地球の半分」の範囲で軍事力を
支える能力の80パーセントを喪失/ところが残念なことに、
日本の政府と国民にはアメリカに戦略的根拠地を提供しているという自覚さえ、
まったくなかったのです「日本人が知らない集団的自衛権」小川和久(文春新書)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これが意味するところは
日本から沖縄からアメリカ軍は出て行けと言われて困るのは
アメリカなのである。

沖縄をはじめ他の各地の軍基地周辺の住民は
騒音などの大きな負担をしている。

また毎年、在日米軍にいわゆる思いやり予算で
国民からの税金から毎年、千億円単位の支出をしている。

ただ基地のための土地を貸すだけでなく、
多額の経済的支援をしているのだ。

日本から追い出されて困るのはアメリカ軍だ。
もっと強くアメリカ政府に独立国として外交をして
できるのである。

アメリカが日本の要求を渋ったら
思いやり予算を減らしていけばいい。

また、そもそも沖縄の辺野古基地に常駐する予定の
アメリカ海兵隊はアメリカ国内でも
沖縄に常駐させる必要がないという議論もある。

しかしなぜ日本政府は辺野古基地建設を
沖縄の強い反対を意に介さず強引に進めようとするのか。

そう、沖縄の辺野古基地建設を推し進めたのは
アメリカ政府よりも日本政府だともいわれる。

日本政府にアメリカケツ舐め外交から自立して
独立国としてふるまおうという意思が低そうである。


このブログ内の関連記事


日米合同委員会に参加している官僚達は出世する!・・・・憲法で国民に主権があるとされるけど、国民の意向に反してアメリカ様の意向が日本政府の決定に反映されてしまうのだろうか
スポンサーサイト

テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

アメリカの属国、つまり家来国家 日本! アメりカの洗脳広告代理店、電通による、テレビ、新聞、週刊誌、ラジオ等の、マスコミを使った偏向報道で、見事な国民洗脳をされ続ける日本人は、自分自身の脳、すなわち思考そのものを点検せよ! さらにネット洗脳システムのツイッターやフェイスブックの利用、まとめサイトには注意が必要である。 我々はハッ、と気付いて、常に注意深く、用心して、警戒し、疑いながら生きれば、騙されることはない。 すべてを疑うべきなのだ!
【2015/08/25 14:49】 URL | 脱 国民洗脳なら副島隆彦の学問道場 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kuwadong.blog34.fc2.com/tb.php/3514-e12f3bfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)